50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : やりがい

60才で迎える再就職

60歳、定年退職後の仕事の大半が今の会社関係に再雇用というケースでしたが、全く違う業界に再就職を目指す方も存在します、こういう場合に注意しなくてはいけない項目について具体的に紹介していきます。 自分の経歴披露ではなく、自分自身の売りは何か、この売りのポイントは再就職希望先の会社にいかに貢献するかと言った前向きな態度を先方は観ているのです。

定年世代が迎える ある現実

今定年を迎えた世代が直面する問題各種、仕事選び、住まいの問題、暮らしの問題、保険の見直しなど等、実際の相談例を基に今50才の方がこれから考えておくべきことについて簡単に紹介した内容です。

定年世代が目指すべき「おひとり様」の在り方とは!?

 定年世代に見られ始めた「締念」という傾向、多くは「お独りさま」のタイプの人が持つようです。同じおひとりでも大きく違う「お一人」と「お独り」の特徴の紹介を始め、定年後の新しい環境で気を付けるべき案件についても紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

面談して判ること

職務上いろいろ面談をしているとこれはと思う体験をします。 時間を守らない方、自画自賛過剰な方、考えが固まっていない方、考えていない方など等、一度は自分自身の棚卸と現状の直視をしてから、改めて第二の人生を検討するようにしたいものです。

 私が30才目前に下した決断とは?

今回は私自身の軌跡を紹介しています。 なぜ、やりがいある20代半ばの時に資格取得を決断したのか?漠然とした不安とは? なぜ集中できたのか?など等、独立を果たした今だから見えてきた成功の要因を欠きました。

仕事を選ぶ時に不可欠なものとは?

次の仕事を探すとき、安易に趣味や好きな事を念頭に選んでいませんか? 逃げ場のない仕事では精神に大きな負荷がかかります。 また仕事探しの際に重要な事は冷静な自己分析も含まれます。 自分の欠点に向き合ってこそ、長所をより目立たせることになるのです。

独立・起業 ~50代はここが重要!

何故50代で起業独立を決めるのか?在職中に出来る準備や 充分なプランを練るには時間が必要なのです。 50代企業の場合を例にとって、私の実体験を交えての起業独立に向けてのアドバイスです。

脱サラ ~シニア起業という選択

独立や起業を考える場合の基準を貴方は何においてますか? 好きな事?出来る事?お金?社会貢献? 最初に勘違いしてスタートはしないで下さい。

会社勤め ~残る選択、辞める選択とは?

これからの人生、今の会社に残る場合の2つのパターン、辞めてからの3つのパターンを紹介します。それそれで必要な要素、得ることが出来るものと喪失を覚悟すべきもの。 どの選択があなたに最適なのか?

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP