50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

年別アーカイブ: 2020年

税務調査は忘れた頃に

相続の手続きを済ませてしばらくたってから税務調査の連絡が来た! 手続きの際に何の問題も無ければ何の心配もありませんが、自己判断で申告手続きした場合等に申告漏れが生じているケースは少なくありません。税務調査は相続直後ではなく、ほとんど忘れかけてきた3年前後経過した後にやってきます。 ここでは税務調査の種類と内容、その結果について最新の調査結果を基に紹介していきます。

シニアからのおひとり様には危険がいっぱい?

 夫婦二人暮らしで家庭のことは全て奥さん任せで来たシニア世代の男性は将来おひとり様になった場合、非常に多くの問題に遭遇します! 既におひとり様であれば問題なくこなしている家事がいきなり克服困難な壁になってしまうリスクについて紹介しています。 たかが家事、というならば、見事にこなして欲しいものです。

これまでのメディア掲載を紹介します

これまで各種のメディアで取り上げられた記事についての紹介記事です。

いずれはおひとり様!? おふたり様世帯の拡大と備えについて

厚労省の調査によればおひとり様世帯は増加の一途ですが、それ以上に子のいないお二人様世帯が既におひとり様世帯を上回っているという事実は将来のおひとり様のさらなる増加に繋がります。 死後に周囲に迷惑をかけないためにも改めて死後事務委任契約の他、相続人がいない場合の「終活の締め括り方」について紹介します。

老齢年金の受給時期の選択

65才から受給が基本の老齢年金を繰り上げ、繰り下げた場合どういった変化が生じるのか? コロナ禍の中繰り上げ受給を目指す傾向が強まる傾向ですが双方の結果について簡単に比較して紹介していきます。

ハローワークの業務対応の現状について(7月末現在)

再就職の際にはお世話になることが多いハローワークですが、ここもコロナ禍によって通常とは異なる業務体制とサービスの提供を余儀なくされてます。 今回は現状での対応について仕事探しの面に限定して紹介してみました。

コロナ禍で大きく変わる第二の仕事探しとは?

【今日のポイント】  コロナ禍が拡大を続け、終息の見通しが全く立たない中、 50代に加えて40代の会社員からの将来に関しての相談が絶えません。  その中で「未曽有の経験」の為か、 これといった青写真を持たないまま現状を嘆 …

退職一時金と転職・独立のタイミングに勤続20年の壁

勤続年数によって大きく変わる退職一時金の控除額とその基準について紹介しました。 勤続20年以内で転職や独立を目指す場合には要注意なことです。

持続化給付金について

個人事業者にとって、今回のコロナ禍による被害は甚大です。持続化給付金は欠かせない制度であることは間違いありません、この制度の申請と給付に関して簡単にまとめてみました。 配布物に掲載されていない疑問点とその回答についても代表的な事例に絞って紹介しています。

気になる相談者に共通する特徴とは?

最近50才前後の相談者の特徴として、ある共通するものに気付きました。残念ながら多くはネガティブな特徴であり、本人が自覚していないものでした。自己分析と会社の評価の大きな違いに全て他責と決めつけ、それを認めて欲しいという相談なのか愚痴なのか判然としない相談内容では現状を変えることには繋がりません。

1 2 3 4 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP