50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

年別アーカイブ: 2019年

40代の今、そこにある危機とは?

終身雇用制度はもう限界と経済界が口にし、政府は75歳まで働こうと持ち上げる。その分年金受給については不安感がぬぐえない。もはや第二の人生を考えるスタートラインは60歳の定年後ではなく、55歳の定年前の備えでも間に合わず、40代で60歳以降の生活設計を始めなくてはいけない時代になりました。そんなに早くに?という考えを変えるだけのデータを交えて紹介していきます。

改めて考える 第二の仕事の選択とは?

第二の仕事の選択について、改めて何が大切で、何を準備しなくてはいけないのか、仕事の選択で異なる注意事項や共通する課題や問題点などを簡単にまとめたものです。

国策?で副業を推進・・・

人材の活用の一策として、政府主導で副業促進のためのいろいろな策が発表されました。企業側の課題や、労働環境の改善などをクリアにすべくかなり踏み込んだ内容となっています。この内容について簡単に紹介しています。

40代での転職

会社側が40代で人員整理を始めるのであれば、サラリーマンの側も40代の転職に備えるのも今では珍しくはない話です。どういうタイプが転職に向いているのか? 企業側が求めるポイントは何か?転職先を勝手に自分で固定化していないか?など等、最低限抑えておくべきポイントを簡単に紹介しています。

45才でリストラという現実

今やリストラの基準年齢は45歳という流れの中、なぜここまで低年齢化しているのか? この現実の前に今何をすべきか、今後の備えをどうすべきかを個人的に思う事をまとめてみました。 

両親が相次いで死亡! 相続手続きはどう変わる? ~最近の話題から

相続にはその発生時期によって相次相続、数次相続、再転相続と言ったケースが生じます。それぞれのケースを昨年夫婦が相次いで亡くなった芸能人夫婦を例にして説明したいと思います。

年金額改定通知書

年金は満額受給したい、再就職はフルタイムで高収入を得たい、ですがそのバランスを考えないとせっかくの年金が減額されます。 65才を境に変わる年金支給と現役として働いての収入とのバランスについて紹介していきます。

銀行は独自判断で口座を凍結出来るのです!

銀行は独自の判断で口座を凍結出来る?! 認知症と疑われた場合、医者の診断書など不要で即時口座凍結出来るということについて 実例を交えて紹介したいと思います。

認知症への対応に3つの選択

認知症に備えるには? そもそも認知症になるとどういう制約が生じるのでしょう? そこで現在有力な対策と言われる家族信託、任意後見、死後事務委任契約、さらに遺言書の効力などについて簡単にまとめました。

増加を続けるおひとり様シニアに迫る危機とは?

最近発表された官民の調査データによれば、認知症になった時に頼れる人物がいないと答えた中高年は過半数を超えており、そのシニア世代にじわじわ引きこもりが増加しているという衝撃の実態が出ていました! なぜそうなるのか? 実際にその手前まで経験した私の感じたことを交えて紹介したいと思います。

1 2 3 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP