50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

50代

相続支援~各種サービスの登場

今後の税制改正や非課税枠の縮小など、貴方の資産がいきなり相続税の対象になりかねません。今のうちに各機関の支援サービスを知っておきましょう。

小規模宅地の評価減 その適用の範囲とは?

大きな相続税軽減につながる小規模宅地の特例ですが、条件によって厳しく規定が定められています。どういうケースが適用でどういうケースが不適用なのかを説明します。

相続調査 ~把握してますか?相続財産について

相続に関して、親と子の立場で把握しておくべきは何か? 現状はどういう状態か? 言い出し難い話題ですが、まずは子供から切り出しましょう、親はさほど感情を害していないようです。先に悩み、考え、将来スムースな継承を心がけましょう。

成年後見申立 ~その現状とは?

家裁への成年後見の申し立てはまだまだ少なく、その中には 本人財産を親族後見人が不正使用しているケースが後を絶ちません。その事態と、エンディングノートでの対応について述べています。

起業独立 ~シニア起業の意外な現状とは?

60代からの起業が年々増加しています。 会社勤めの経験や、その間に培った人脈を活かした地道な起業です。

相続税改正 ~基礎控除と相続税率の変更点は?

改正が確実な相続に関する課税内容、基礎控除と相続税率の変更点はどこなのか?自身のケースを想定してどう変わるのか?考えてみましょう。

相続費用~一次相続と二次相続、ご存知ですか?

相続は1回限りの問題ではありません。子の代へ相続する二次相続まで考えないと、思わぬ課税が待っています!相続税法の改定も視野に入れて考えてみませんか?

自立支援制度と成年後見制度の関係とは?

日常生活の基本サービス支援を担う地域福祉権利擁護事業と後見制度との関係とは?判断能力のあるうちに生活支援サービスを受けることは高齢者の生活を守ります。

退職事由 ~早期退職を決める前に!

全てのケースに言えることは自己責任で決断する事。 それには冷静な自己分析と計画立案に時間をかける事。 早期退職の理由としてNGな事例を採り上げています。

悠々自適 ~早期リタイアの場合の問題とは?

50代で早期リタイアをし悠々自適な生活をする。 その為にはどのような条件をクリアする必要があるでしょうか? 資金から前提条件までを列挙しました。

« 1 33 34 35 38 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP