50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

50代

シニアと仕事~転職・再就職に求めるものは?

60才以降も仕事を続ける、その理由は? 生活の為と言うならより真剣に転職や再就職について対応すべきです。自営業での心得にも通じるところが多い具体的活動に潜む間違いを中心に、具体例を用いて紹介していきます。

60才までに決めておきたい「住まいとクルマ」のこと

60才を迎えてますます大きな意味を持つようになる住まいとクルマ、持ち家か賃貸か、それぞれのメリットは? 今の場所が本当に終の棲家なのか? クルマはあくまでもマイカー? 今ならカーシェアもレンタカーも効率的では? 定年を迎える時に同時に考えるべきこの2つの問題について紹介していきます。

相続放棄

相続の発生から3ヶ月以内なら相続放棄は出来る。放棄すれば田舎の荒れ地の土地の管理責任も免れる? 意外に多かった相続放棄に関する基礎知識に関して正しい解釈を紹介してみました。

実家の片付けと見極め

実家の整理を始めたい、でも何から? この時点で躊躇してしまう方は多いと思います。 どういう作業が必要なのか? 家財の見極め、バリアフリー化の検討、親の健康状態から、将来の家の始末迄 決めるべきことは多く、許された時間は10ヶ月以内です。 何をすべきかについて簡単にまとめてみました。

不動産を相続 調べておくべき不動産情報とは?

50代から60代のシニア世代にとって老親が暮らす実家の相続は現実問題となってきます。その前に最低限把握しておくべき相続する不動産に関する各種の情報について紹介しています。

60歳になったら考える「住まいの選択」

60代になる頃に問題となってくる住まいの選択、子供が全て独立、別居した後の「広すぎる」家、定年退職したため通勤を考慮しなくてよくなった時、果たして今の住まいが適当なのかどうか? 住み続けるにしても移住するにしても、考える事を後回しにしては子供の代にまで迷惑を掛ける事になるのです!

シニア世代が注目?! 代理人カードとタンス預金の功罪について

万が一の時、家族が生活費に困らないように、少しでも節税で相続をしたい? 最近50代を中心としたシニア世代から代理人カードやタンス預金についての相談が目立ってきました。ここではその利用方法によって得られるメリットとデメリットについて簡単に紹介したいと思います。

総括)50代で始める相続準備その2

相続発生からなにをいつまでにしなくてはいけないか? 当事者の本人が出来ない「相続準備」として、相続人が知っておくべき最低限の相続手続きの一覧です。

総括)50才で始める相続準備その1

50代になったら夫婦間でいつか来る日の備えを始めなくてはいけません。 今からすぐに取り組めるものから、その時を意識すtるような事態になった時に、何を誰がどうするか?  これまでも紹介してきた内容ですが、改めて総括版として紹介します。

これからの士業起業で必要なこと

最近は業務手続の簡素化や窓口の一本化等で各種の手続きが一般の方にも沿う苦労せずに出来るようになってきています。 起業相談の中には、今から何をしたら「食えるでしょうか」といった心もとない問い合わせも出てくる有様です。 周りに流されることなく、自分で何をしたいのかを決めてから起業するという単純なステップがどうもあまり重視されていないような気がしました。

« 1 2 3 40 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP