50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

50代

法改正で 遺産相続は早い者勝ちに?!

今回の法改正によって大きく変わった点、知らないと問題発生になりそうな案件について紹介しています。 遺言書の内容であっても優先することが可能な不動産の名義変更や故人の口座からの仮払い制度など、相続人間が良好でない場合には必ず知っておくべき内容です。

士業起業・独立で必要な下地

士業で開業の場合どういった点に気を付けるべきか、同業者との競合の中で何を強みとして自分の居場所を確保するのか? 取り組む業務分野の将来性は、今取り組むべきなのか?など等、本来起業前には確立しておくべき項目について私の経験から導いた考えをまとめたものです。

転職・再就職で必要な下地

転職や再就職の相談の中で応募条件に目を向ける前に予め自分で用意すべき下地について、具体的な項目を、実際の経験からまとめてみました。自分で行う実績への問診など、在職中の方でも自分を分析する時に必要になる内容となっています。

家族の個人情報

最近50代の子供が親の預貯金情報を知らない、どんな保険に加入しているかを知らないというケースが過半数を占めるという記事が出ていました。既に高齢になっている親の情報を把握することも重要ですが、もっと身近な配偶者や子供の個人情報も案外把握していないのでは? どういった情報が必要なのか、高齢の親に関しては特に必要な情報とは何かについて簡単にまとめてみました。

空き家対策としての「住まいの終活」

50代からの相談が増加中の家の問題、空き家を防ぐには、空き家を始末するには? 今や「住まいの終活」という考えは持ち家派の方にとって欠かせない備えと言えます。 空き家から生じる様々な問題、それによって課せられる責任問題、そうならない為の「終活の進め方」についてまとめてみました。

還暦前に考えておきたい事10選 

還暦までには一度自分の周りの整理をしておくべきでは? 特にここで採り上げた10項目は最低でも手を付けておかないと、後になって家人に迷惑を掛ける事にもなり兼ねません! 還暦になってからではなく、還暦の前に済ませる事でより家人に負荷をかけない事になるのです。

40代の今、そこにある危機とは?

終身雇用制度はもう限界と経済界が口にし、政府は75歳まで働こうと持ち上げる。その分年金受給については不安感がぬぐえない。もはや第二の人生を考えるスタートラインは60歳の定年後ではなく、55歳の定年前の備えでも間に合わず、40代で60歳以降の生活設計を始めなくてはいけない時代になりました。そんなに早くに?という考えを変えるだけのデータを交えて紹介していきます。

国策?で副業を推進・・・

人材の活用の一策として、政府主導で副業促進のためのいろいろな策が発表されました。企業側の課題や、労働環境の改善などをクリアにすべくかなり踏み込んだ内容となっています。この内容について簡単に紹介しています。

年金額改定通知書

年金は満額受給したい、再就職はフルタイムで高収入を得たい、ですがそのバランスを考えないとせっかくの年金が減額されます。 65才を境に変わる年金支給と現役として働いての収入とのバランスについて紹介していきます。

家族信託と任意後見

親が認知症になる前に、予防法務として任意後見と家族信託が話題になっています。 自分の家庭にはどちらのサービスが優れているか? その違いは何か? 基本的な違いについて簡単に紹介していきます。

1 2 3 41 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP