50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 遺言書

遺言書

おひとり様のコレクションの始末

相続の際に判断に困るものに故人のコレクションがあります。 骨とう品や美術品のように価値の高いものから、個人の趣味の領域でしかない品々、相続人を持たないおひとり様はどうやって始末をつけるべきでしょうか?

もうひとつの第二の人生問題 ~親の再婚

元気な高齢者の増加は日本経済にとって欠かせない原動力ですが、高齢者の再婚問題は子供にとっては自身の相続に直結する問題です。 再婚の形式によって大きく異なる遺産相続について紹介しました。

遺産相続の相談 ~相続人がいない!?

自分の代の次がいない、独身で子供もいない場合の財産はその人の死後、どうなるのでしょう? 生前の準備がされてなければ、すべて国庫に没収ですよ! せめてもの感謝の気持ちをお世話になった方へ表わしたければ、どういう準備が必要でしょうか?

相続 ~孫に直接渡すには?

相続人でない孫へ財産を直接渡したい、そう考える祖父母の方からの相談でした。 方法は2通り、ですが共に制約があります。 20%割増を考慮して贈与にするか相続させるか検討しましょう。

遺言作成 ~遺言書の効力とは?

遺言書の書かなくてはいけないこと、遺言書に書いておけば効力が発揮されること、財産の分け方だけではあとあと大変なことになる事、ご存知ですか?

遺言証書 ~3つの種類とは?

一般的に用いられる遺言書の書き方には3種類あります。 それぞれに長所短所があるのをご存知でしょうか? 簡単に比較した中から私のお奨めを紹介しています。

遺贈とは? ~相続のもうひとつのカタチ

遺贈とはなんでしょう? 文字通り、亡くなった時点に効力を発揮する贈与です。 これにはいろいろな方式がありうます。 代表的な事例を分かり易くまとめてみました。

遺言書作成  ~無効にならない書き方とは?

せっかく決心して書いた遺言書も、書き方や取扱いの仕方、記載内容に不備があれば、無意味なものになってしまいます。 自筆で書く場合の最低限の注意点を挙げてみました。

遺産調停とは?

相続人同士の遺産分割協定がうまくいかない場合には 遺産調停に移ります。 遺言書がない場合の相続の流れを解説します。

相続廃除

相続の手続きには、相続をさせないという手続きもあります。大半はレアケースですが、知っておいて損はないはずです。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP