50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

起業・独立

50代の起業前活動の大切さ

会社勤めの間に、起業や転職の準備を考えるなら、時間があれば余裕ある計画立案も再度の見直しも、修正も容易です。ですが50代になれば時間の余裕が限られてきます。限られた時間を有効に活用するために、何に留意すべきかを紹介していきます。

何故その仕事をしたいのか? ~自己分析の大切さ

第二の人生を託す仕事の選択に何が必要なのか?再就職、転職、起業・開業それぞれに共通する正しい自己分析の大切さについて、その選択の根拠から動機、その為の準備などについてまとめてみました。いつかの為に今からすべき準備です。

 起業・転職をも左右する「好感度」について考える

他人に自分がどう映っているか?自分では意識しない中に好感度は潜んでいます。当たり前と思ってやっている事が、大きなプラスにもなり、自分では気づいていない行動で大きなイメージダウンを招いている事もあるのです。

始めの一歩に欠かせない適切な時期と周到な準備について

決して計算通りの開業ではなかった自分の例を挙げて、資格起業の場合に間違いやすい、取得が目的でありゴールと言う考えによって生じるその後の問題点などについて、事例を交えて紹介しています。

 本当に難しい人物の評価 ~自己評価と他人評価の格差

自己分析に拠る長所が他人から見た時にも長所と映っているケース、案外少ないのです。 自分ではプラス評価の行動が、周囲からは迷惑行為にしか映っていないとなると、転職でも起業でも大きな不安要因になります。 一度は冷静な他人の評価を聴く事が大切です。

どんな職種で起業するにしても共通する大切な事とは?!

士業、サービス、飲食、小売り、どんな業種であっても共通する起業に欠かせないこととは? 起業後の成長にも大きくかかわってくる重要ポイントでもあります。

起業することが夢? その後が大切で、大変なんです。

起業前に決めておくこと、なぜ起業するのか?を突き詰めることも大切ですが、夢叶い、起業したとしても、それでゴールではありませんね。 そこから新たなスタートになるという事、夢を維持するには常に現状を刷新するだけの努力を伴うこと、起業は決意するまでも大変ですが、起業してからが本当の苦労のスタートなのです!

起業で目指すものは「理」か「利」か?

貴方が起業を目指す場合、利益追求ですか、理想の追求でしょうか? 理想ばかりを追いかけると肝心の生活に支障をきたしますし、利益第一の姿勢ではこれもまた起業の成功は叶っても、その代償に失うものも少なくない場合があります。理と利は共に起業に欠かせないものですが、そのバランスはより大切なものなのです。

女性の起業相談が増えています。

最近の女性の起業相談は現役、専業主婦問わず自分で見定めた目標を持っています。 その多くは人の助けになりたい、同じ喜びを分かちたいといった思いが原点で、男性よりも現実を見定めているのです。

貴方は大丈夫ですか? ~希望年収の根拠

再就職や転職、起業の時でも大きな問題は、年収です。 現役時代の年収からダウンサイジングする事は、意外に難しいのです。 無意識に続けている今まで通り、本当に必要なのでしょうか?

« 1 2 3 4 9 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP