50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

起業

新たに感じた起業・独立相談で気になる傾向 

コロナ禍の中、起業を目指す相談者にも変化が生じています。従来のような見返してやるというリベンジ型やトレンドに乗って勢いで企業というタイプは影を潜め、堅実な計画をすでに構築しているタイプと切羽詰まってとりあえず起業で起死回生を願うといった背水の陣のタイプに二分化されてきたようです。それぞれの特徴と後者のリスクについて紹介しています。

パソコンの基本操作に自信ありますか?

自分には当たり前のスキルやノウハウも実は他人から見れば得難いものである? 単なるパソコン操作が出来るということが、今まで未経験のシニア世代にはあこがれのスキルかもしれないのです?! 自筆証書遺言の作成の要件緩和など、シニアでパソコン操作を求める声は少なくありません。このような機会を副業ビジネスとして活かすにはどうすればいいでしょうか?

気がかりな起業・独立の相談者が増えてます。

50代以上の起業相談者に多く見受けられるのが独りよがりな理由で起業を目指すという危険な事例です。 特に家庭、奥さんへの相談や理解もないままに突っ走るようなケースはまず成功は望めませんし、相談の内容も希薄なものが目立ちます。 さらに相談相手も吟味しないとひよこ食いのかっこうの餌食となるというリスクも発生します。 

コロナ禍による第二の仕事探しの変化とは?

コロナ禍によってこれから予想される企業の立て直しの一環として確実に雇用調整が入ってきます。下手をすれば企業自体の命脈が断たれるケースも。 そのような背景の下、これから第二の仕事を選択する背景も変わってきました。 転職や資格取得について今まで以上に関心が高まっているのです。定年後は再雇用や定年延長を目論んでいたシニア世代もこの機会に真剣に次の仕事の選択を検討し始めるべきなのです。

自営業は健康第一!?

聞こえはいい自営業や個人事業主ですが、すべて一人で切り盛りするひとり起業の場合、健康の問題は無視出来ません。 自分自身が味わった昨年末の非常事態を例にしていかに健康管理が大切な事かを紹介していきます。 

リクルート社の情報誌「アントレ」に掲載されました!

リクルート社の情報誌アントレでインタビュー記事が掲載されました。本業の話題でなく、起業に至るまでの経緯を話すことが最近は本業になっているのです。

50歳からの出直し大作戦

講談社+α新書の新刊で私の起業までの経験が記事として掲載されました。在職中に起業を目指した訳や、その為の準備について、著者との対談の中からまとめた内容です。

起業・独立に活かせる偉人の言葉

起業や独立、転職においても偉人の言葉の中には大いに参考になる金言が多々あります。その中から私が選んだ人生の決断の際に心に刻むべき言葉を紹介しています。

社外人脈の中でも大切な社外同期とは?

転職でも再就職でも、起業・独立でも重要なのは、いかに社外に豊富な人脈を持っているかですが、なかでも同じ時期に同じ境遇になった「同期」の存在が最近重要視されています。社内でも支えとなっていた同期入社と同じく、新たな世界でも同期の存在は大きなものなのです。

起業・独立に不向きなタイプの特徴とは?

起業や独立に不向きなタイプというのは存在します。あまりに小さい目標しか立てない、あまりに杜撰な計画のまま突っ走る、数字に弱い、無関心、起業する理由が今の職場での不満や現状からの逃避といった消極的なものでは成功は覚束ないのです。

1 2 3 4 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP