50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

第二の人生

早期退職後の明暗:元上司と部下が再会

早期退職に応じた元上司と部下が進んだ第二の人生、結果的に久しぶりの再会が不幸な結果となった事例を紹介します。会社を離れても上下関係に固執する上司と、立場が逆転した部下にとってニュートラルな関係を築くことはかなりの困難を要します。共に考えさせることが多かった事例でした。

第二の仕事と社会保険の負担について

定年後の再就職の場合、仕事探しも重要ですが、社会保険についても同様の関心を持たなくてはいけません。在職老齢年金や国民健康保険などは働き方によって自己負担額に差が出てくること、再就職での収入とのバランスを考える必要があるのです。

今や45歳で第二の人生を考える時代に!!

昨年の早期退職勧奨は40代まで対象になり、黒字決算の企業ですら積極的な人材の見直しを図っています。10年前は60歳から考えても間に合った第二の人生ですが、今や45才で考える問題となったのです。なぜそうなったのか? その流れの中で今40代の方は何をすべきか、について紹介しています。

東京しごとセンター その他

東京しごとセンターの紹介の第二弾です、再就職支援以外に受けられるサービスについて紹介しています。

これだけはしておきたい!? 60代ですべきこと

60歳、60代になったら何をすべきか、60代のうちにしておくべきこととは何か? サラリーマンの定年退職の前後の時期にはいろいろ選択を迫られることが続きます。その場凌ぎではなく、長期の視点に立った今後の生活設計を考える為に必要な事についてかんたんにまとめてみました。加えて50歳から始めるべき第二の人生に向けての行動についても言及しています。

今や40代は早期退職と転職の中心に!?

40代で企業は早期退職勧奨を進め、転職人口でも今や40代が中心となってきた現代、第二の人生の選択は大幅に早まってきています。 40代の方はどう対処すればいいのか?既に50代以上の方はこの現実の中、どういう対応が出来るのか? 当事者にとっては、かなりシビアな現実をまとめてみました。

45才でリストラという現実

今やリストラの基準年齢は45歳という流れの中、なぜここまで低年齢化しているのか? この現実の前に今何をすべきか、今後の備えをどうすべきかを個人的に思う事をまとめてみました。 

60才までに決めておきたい「住まいとクルマ」のこと

60才を迎えてますます大きな意味を持つようになる住まいとクルマ、持ち家か賃貸か、それぞれのメリットは? 今の場所が本当に終の棲家なのか? クルマはあくまでもマイカー? 今ならカーシェアもレンタカーも効率的では? 定年を迎える時に同時に考えるべきこの2つの問題について紹介していきます。

定年後のライフプラン、何時から考えますか?

今や人生100年ともいえる時代、定年退職してから迎える約30年の人生をどう過ごしていくか? 定年になってから考え始める事で間に合うのでしょうか? 出来れば50代前半のうちに最初の行動を開始しておくべきで、その節目ごとに課題の克服に備えていくべきなのです。

最近気になる40代について

 最近早々と会社内でのポジションを自分で見極め、その原因は他責として定年まで諦観を持ったまま過ごすような40代前半の相談者が目立ちました。 なぜそういったスタンスになってしまったのか? 同じ境遇でも考え方ひとつの違いでその後の人生は大きく変わります。 人生90年時代の今、折り返し前の年代で早々と結論を出すことの意味を考えてみました。

1 2 3 10 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP