50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

空き家

改正後の不動産の管理制度について

不動産の共有、遺産相続の際真っ先に避けるべき相続の形として取り上げられる共有ですが、法改正によって従来よりは柔軟な対応が可能になっています。 新設された制度を中心に、共有不動産の有効活用を図るための基礎知識を紹介していきます。

空き家にかかる経費を把握してますか?

とうとう都心の住宅地でも発生し始めた空き家問題、税金以外でも年間に発生する必要経費、意外に意識されていません。1時間以内で行ける距離だからこそ解約しにくい電気、ガス、水道や定期的な手入れが欠かせない庭木や雑草処分等、他にも経年劣化する屋根や外装が引き起こす周囲へのトラブルへの備えも考えれば、バカにならない費用を負担することになるのです。

相続放棄

相続の発生から3ヶ月以内なら相続放棄は出来る。放棄すれば田舎の荒れ地の土地の管理責任も免れる? 意外に多かった相続放棄に関する基礎知識に関して正しい解釈を紹介してみました。

これだけは知っておきたい:空家等対策の推進に関する特別措置法

 最近話題の実家の空き家問題ですが、放置した空き家に関連する法律について詳しく知っている方は多くありません。 最近は多くの方が実家の始末について相談されているので、ここに通称空家特措法についての理解を深めるために、特に関係ある個所について解説したいと思います。

貴方の不動産が「腐動産化」する前に

売るに売れない、コストばかり発生しるような不動産を腐動産といいます。 この様な状態になりそうな地域には共通する特徴があり、今やその地域は首都圏でも発生しています。 腐動産になったらどのようなリスクが発生するのか?、それに対する方策はあるのか? このような点について紹介しています。

「イエの後始末」を考える時に親子で共有すべき情報とは?

実家を相続する場合、させる場合、お互いが情報を共有しておくべき5項目の情報とは何か? その内容と理由について簡単に紹介しています。

50代にとっての「家」とは?

最近増加の空き家になった実家問題は50代世代には直近の問題です。 今年から施行される特別措置法では場合によっては家があっても固定資産税の軽減が撤廃される事も! 今のうちに親子で考えるべき「マイナス財産」と化す恐れのある実家問題を紹介しました。

家の整理・家財の整理  ~50代が直面する問題とは?

高齢の親の住まいの後始末、おひとり様であればこれに加えて自分の住まいの始末まで考えておかなくてはいけません。 生前整理の問題は終活の中でもトップ項目になっています。 家の処分の前に、まずは家財の整理について、注意項目を紹介しました。

「終の棲家」にかかる費用 ~持ち家と賃貸

 今日は雨模様の予報ですが、 今のところ陽が射してます。 こういう時には折り畳み傘で出勤しましょうか?    お元気ですか? 50才からの第二の人生ん応援ブログ、先憂後楽の 寺田 淳です。    50 …

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP