50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

相談

中高年フリーターの現実

中高年、35~44歳のフリーターは年々増加傾向にあり、いったん入り込むと脱け出す事はかなり難しいようです。 厳しい現実を実例で紹介しています。 もし再就職を安易に考えてるなら容易にこの世界に入り込んでしまいますよ!

ハローワークの効率的な活用法とは?

ハローワークで把握できる情報にはどういうものがあるのか? なぜ実際に出向いていかなくては本当の情報が入手できないのか? 以前にも紹介しましたが、効率的なハロワの活用法で貴重な時間と労力を有効に使っていけるのです!

創業支援について ~公的施設の実態とは?

23区内にある主な創業支援の組織について調べてみました。 我々のような50代男性向けの内容は、殆どありません。 それでも起業・開業を目指すなら、利用出来るものすべてに目を向けましょう!

55歳は高齢者?

50代の再就職は高齢者扱い?この実態を貴方はご存知ですか? ハローワークから人材バンク、シルバー人材センターに加えて就業支援センターなどへの聞き取りから分かった50代の再就職市場での立ち位置とは?

相続税対策としての生命保険の活用とは?

生命保険を活用すれば、葬儀費用の工面に悩むこともなく、さらには相続税の節税にも効果があります。 これからは生命保険の活用次第で十分な備えが出来る事、ご存知でしたか?

50才、相続について考える時期

50代になれば相続や遺言についてそろそろ真剣に考え始める時期ですが 親の立場からすれば死を目前にしたというデリケートな時期でもあるのです。 独りよがりの考えや、先走った計画等は却って親との関係を悪化させてしまいます。 そうならない為に、出来る事は簡単かつ、一つだけなのです。

「かきくけこ」と「あいうえお」の差とは?

高齢者には2通りの生き方があるようです。 それを語呂合わせしてみました。 かきくけこと アイウエオの差とは? 貴方の今はどちらよりですか?

法務局の窓口で聞いた話

実際に申請で窓口に出向いた時に判明した思わぬ事実とは? HPで書かれてあっても現場ではそのままが通用するとは限りません。 体験的注意点を紹介します。

証明書等のコンビニ交付とは? 住民票と印鑑証明

登記申請に必要な証明書、お住まいの場所によっては役場に行かなくても取得出来るのです! それもコンビニの店頭で、なんです。 その詳細を説明します。

名義変更・必要書類について ~役所で交付してもらうもの

役場で入手する書類は印鑑証明書、住民票の写し、そして 固定資産の評価証明書です。 それぞれの内容について、実務的な視点から説明します。

« 1 8 9 10 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP