50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

相談

シニア起業の今

コロナ禍の中、余裕のできた時間に時間をかけて第二の人生を考える50代シニアが増えています。今やシニア起業の中心は50代となり、在職中の起業が普通になってきています。 このような傾向の中、実際に相談に訪れた事例を含めて最近のシニア起業について紹介していきます。

家族の死後に必要な届出のまとめ(品川区の場合)

品川区が用意している死後の手続きについて主な項目をまとめたテキストを紹介します。 どんな届出が、誰によって、いつまでに、やるべきということが分かりやすくまとめられたもので、品川区以外でも用意されているかもしれません。 一度ご自身が暮らす自治体に確認してみてもいいでしょう。

コロナ禍に体験した「葬儀の新しい形」

実際に最近体験したコロナ禍の葬儀全般の流れは従来のものとはかなり変貌したものでした。 遺族の立場、葬儀業者の立場、菩提寺の立場によって今回のコロナ禍で見直された冠婚葬祭について簡単にまとめてみました。

改正後の不動産の管理制度について

不動産の共有、遺産相続の際真っ先に避けるべき相続の形として取り上げられる共有ですが、法改正によって従来よりは柔軟な対応が可能になっています。 新設された制度を中心に、共有不動産の有効活用を図るための基礎知識を紹介していきます。

意外と知らない障害年金のこと

障害年金というとイメージは肉体的な外傷が対象と思いがちですが、実は糖尿病や内臓疾患、最近ではうつ病などの精神私感にも適用がされています。今回は認知度が低い障害年金の仕組みについて簡単に紹介しています。

空き家にかかる経費を把握してますか?

とうとう都心の住宅地でも発生し始めた空き家問題、税金以外でも年間に発生する必要経費、意外に意識されていません。1時間以内で行ける距離だからこそ解約しにくい電気、ガス、水道や定期的な手入れが欠かせない庭木や雑草処分等、他にも経年劣化する屋根や外装が引き起こす周囲へのトラブルへの備えも考えれば、バカにならない費用を負担することになるのです。

新たな出会いで思わぬ事態に!?

定年後は生活の心配もなく社会貢献、地域貢献の為にボランティア活動に参加を考えるシニアは少なくありません、ですがそこには思いがけない出会いによって順調だった人生の軌道から脱線するリスクも潜んでいるのです。 実例を中心に人間関係、老後資金、夫婦関係に影を落とすリスクについて紹介しています。

20代から相談された終活について

自宅で自営業を営む20代の夫婦、子供がいない中で不動産の名義人がコロナに斃れ、あわや遺産相続で自宅兼店舗を処分する事態に陥るところ、危機一髪でその危険を回避できたのは、遺言書の存在でした。子がいないうちは配偶者への遺産相続への備えとして、子が出来たならば、お互いの個人情報の共有化を図ることで突然の終活に備えることが出来るのです。

オンライン化の弊害~SNSに潜む悪意

オンラインでの仕事や在宅勤務の長期化によってネットに接する時間が増加していく中、起業や独立、投資ビジネスを勧誘するオンラインセミナーやサロンの勧誘に関心を惹かれる、さらには入会、投資を始めるというケースが少なくありません。 その結果生じるトラブルや取り返しのつかない結末を迎えるシニア世代の問題について紹介しました。

もの忘れ チェックポイント

50代、いや40代になればひとつやふたつついうっかりのもの忘れは経験済みでしょう、ですが、それが頻繁に起きるとなれば、認知症の兆候も疑われます。まだ自分はと思うならば、自己診断をお薦めします。 あまり深刻に考えても、あまり楽観視してもいけないのがもの忘れへの対応です。

1 2 3 17 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP