50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

相談

転職の話題

コロナ禍によって大きく変わった労働環境、その中で転職を目指すのであればどういう点に注意しなくてはいけないか?新たに意識すべき転職への適性は何か? 在職中に何をしておくべきかなどを簡単に紹介しました。

私の見た2020年の再就職

      【今日のポイント】  このブログでは今までシニアの再就職や転職について その時々の背景や業界の推移などを紹介してきましたが、 昨年から続くコロナ禍で大きく事態は変わりました。   …

東京セカンドキャリア塾

東京都が始めたシニア向け再就職・就業支援の「東京セカンドキャリア塾」について簡単にまとめてみました。コロナ禍の下、ますます再就職の激化が予想される2021年に向けて活用出来る支援については知っておいて損はありません。

品川区の就業支援事業を紹介

 シニアを始めとして再就職、就業の際にどのような公的支援事業があるか?地元の自治体によっていろいろな内容のものが用意されています。ここでは私の地元の品川区にある支援事業について紹介してみました。

シニアの求人

50代のシニア世代が第二の仕事を探すときに勤務形態の選択があやふやなケースが少なくありません。 正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、状況に応じて柔軟に勤務体系を考慮することはますます激化する再就職市場において必要な備えともなるのです。絶対正社員という固定概念を今一度見直してみるのもいいかもしれません。

遺言書保管制度総ざらい

認識が広まりつつある遺言書保管制度について2回に分けて説明します。 まずは保管制度の基礎について、メリットや課題、具体的な申請手順について紹介します。

今から考えるシニアからのひとり暮らし

シニアになってから連れ合いを亡くしたり、子供が遠隔地に移った為ひとり暮らしになったシニアなど、日常が激変する一人暮らしの注意点を簡単にまとめてみました。いざ食事や買い物といった身近なことが意外に難事業になることも! 他にも元気な今のうちに自分でしか解決できない課題への取り組みについて紹介しています。

シニア起業の前に夫婦・親子で確認しておく終活とは?

特にシニア世代で起業を目指す場合、家族に伝えておくべき各項目について起業前の時間を使って整理しておきましょう。起業後は365日が仕事になるのが一般的です。 早めの相続財産目録を兼ねて自身の終活の第一歩としても完全な内容の目録作りを目指しましょう。

シニア起業を促進するか?公的制度あれこれ

シニアの起業を促進する各種の公的支援や現在のシニア起業の実態などについて紹介しています。 ただ現在のコロナ禍の中での起業はかなりの困難を想定する必要があります。

気がかりな起業・独立の相談者が増えてます。

50代以上の起業相談者に多く見受けられるのが独りよがりな理由で起業を目指すという危険な事例です。 特に家庭、奥さんへの相談や理解もないままに突っ走るようなケースはまず成功は望めませんし、相談の内容も希薄なものが目立ちます。 さらに相談相手も吟味しないとひよこ食いのかっこうの餌食となるというリスクも発生します。 

1 2 3 15 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP