50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 相続問題

相続問題

50代にとっての「家」とは?

最近増加の空き家になった実家問題は50代世代には直近の問題です。 今年から施行される特別措置法では場合によっては家があっても固定資産税の軽減が撤廃される事も! 今のうちに親子で考えるべき「マイナス財産」と化す恐れのある実家問題を紹介しました。

「終の棲家」にかかる費用 ~持ち家と賃貸

 今日は雨模様の予報ですが、 今のところ陽が射してます。 こういう時には折り畳み傘で出勤しましょうか?    お元気ですか? 50才からの第二の人生ん応援ブログ、先憂後楽の 寺田 淳です。    50 …

登記申請に関するQ&A

これまで紹介してきた中からお問い合わせを受けた項目についてお答えします。 すべて不動産の地目に関する問い合わせでした。

法務局の窓口で聞いた話

実際に申請で窓口に出向いた時に判明した思わぬ事実とは? HPで書かれてあっても現場ではそのままが通用するとは限りません。 体験的注意点を紹介します。

登記申請書

今回は登記申請書の作成とその注意点、添付資料の説明など、最終段階の作業です。 表記一つのミスでやり直しを食らわないよう、細心の注意を払うようにしましょう!

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。 不動産の所有権移転手続き、実際にやってみると分からない事、判断に迷う事が山積みです。 まずは登記事項の証明手続きについて紹介しました。

遺産相続の相談 ~相続人がいない!?

自分の代の次がいない、独身で子供もいない場合の財産はその人の死後、どうなるのでしょう? 生前の準備がされてなければ、すべて国庫に没収ですよ! せめてもの感謝の気持ちをお世話になった方へ表わしたければ、どういう準備が必要でしょうか?

贈与について ~贈与契約書とは?

贈与を確実に証明するものに贈与契約書があります。 具体的にどう書けばいいのか? 私の事例を紹介します。

相続について ~婚外子の相続問題

先日出た最高裁の判例、婚外子の相続差別は違憲である。 理屈では分かっても感情面ではどうでしょう? お互いの立場に立てばますます結論は出せません。 またすべての婚外子に権利があるのではなく認知されていることが必要な点も重要な案件です。

相続税対策~小規模宅地の特例の活用あれこれ

相続税軽減に繋がる「小規模宅地の特例」ですが、その適用にはいろいろ条件が付いて回ります。 子供が持ち家か、借家かで分かれる明暗とは?

« 1 2 3 4 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP