50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

相続・遺言

相続放棄

相続の発生から3ヶ月以内なら相続放棄は出来る。放棄すれば田舎の荒れ地の土地の管理責任も免れる? 意外に多かった相続放棄に関する基礎知識に関して正しい解釈を紹介してみました。

実家の片付けと見極め

実家の整理を始めたい、でも何から? この時点で躊躇してしまう方は多いと思います。 どういう作業が必要なのか? 家財の見極め、バリアフリー化の検討、親の健康状態から、将来の家の始末迄 決めるべきことは多く、許された時間は10ヶ月以内です。 何をすべきかについて簡単にまとめてみました。

不動産を相続 調べておくべき不動産情報とは?

50代から60代のシニア世代にとって老親が暮らす実家の相続は現実問題となってきます。その前に最低限把握しておくべき相続する不動産に関する各種の情報について紹介しています。

総括)50代で始める相続準備その2

相続発生からなにをいつまでにしなくてはいけないか? 当事者の本人が出来ない「相続準備」として、相続人が知っておくべき最低限の相続手続きの一覧です。

総括)50才で始める相続準備その1

50代になったら夫婦間でいつか来る日の備えを始めなくてはいけません。 今からすぐに取り組めるものから、その時を意識すtるような事態になった時に、何を誰がどうするか?  これまでも紹介してきた内容ですが、改めて総括版として紹介します。

デジタル遺品に新たな危険が!?

最近の仮想通貨は新たなデジタル遺品であり、取り扱いについては当事者以外あまり知られていないケースが多くあるようです。相続時にその価格が高騰していた場合は、相続財産と見做されることがありますが、現金化の手続きを記録として遺しておかないと遺族に思わぬ迷惑を掛ける事になります。 また最近のデータ解析、復元技術の進歩によりパソコンやスマホに記録されていた個人情報が全て復元されることも新たな危険性を伴うものとして捉える必要が出てきました。

努力していても解決しないのは、そもそも問題点を見誤っているのでは?

いろいろな問題に直面し解決に向けて努力をするケースで、肝心の問題点の認識を間違っているケースは少なくありません。 自分では努力しているつもりでも、根幹が違っていれば解決に至ることはありません。 具体的な事例を紹介しながらこの点についての私の考えを述べていきます。

自筆証書遺言と公正証書遺言 法改正後はどちらがお奨め?

改正相続法で使い勝手が向上したと言われる自筆証書遺言ですが、なお課題が残っていることについて、公正証書遺言との比較を交えて紹介していきます。

ご注意下さい! 親族=相続人ではありません

 今回の法改正で配偶者から相続人に対して特別寄与料の請求が認められるようになりますが、よく理解しないままの対応を考えるケースがありましたので事例を紹介しつつ、制度の詳細につぃて簡単に紹介していきます。

事前の根回しが成否を分ける遺産分割協議?!

遺産相続の手続きの一つである遺産分割協議について、ポイントは実は開催前の下準備、根回しの成否如何です。 誰が旗振り役を担うのか? 開催場所をどこにするか? 限られた期限内で全員が都合のいいスケジュールの調整から協議内容の優先順位の決定や書記役の任命等など 事前に片付けるべき課題は意外に多いのです。

1 2 3 13 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP