50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

家族

親の葬儀と自分の葬儀 おひとり様の心得とは?

親一人子一人の家族が迎える葬儀、どちらにも関係しているのはおひとり様の子供です。 親の場合と自分の場合、何に気を付けるべきか? 何を準備しておくべきか? これについての考え方を紹介しています。

第二の人生を迎える50代が絶対に考えておかなければいけないこととは?

50代の立ち位置は子供でもあり、親でもあります。自分達を含めて3世代の将来を担う世代になるのです。その中で子として何をすべきか、親として何をすべきか? さらに50代の子を持つ親は何をすべきなのか? 2つの側面から相互の課題を解説しました。

 世帯別の家計資産の動向について ~総務省「全国消費実態調査」より 

総務省のデータから見た世帯別の資産動向です。 貯蓄額、借金額、不動産等の資産は単身世帯と2人以上世帯とでどういう傾向が見て取れるのか? そこから見えてくる相続問題とは?

生前贈与の落とし穴 ~子や孫への住宅資金

子や孫への住宅資金贈与非課税制度はお互いにとってメリットある使い方が出来ますが、注意すべき点が2つあります。 申告期限の問題と、入居時期の制限です。

生前贈与の落とし穴 ~連年贈与

毎年110万円までは非課税と言う贈与税の特例ですが、一歩間違えると連年贈与と見做され贈与税の対象と判断されます。 ついやりがちな落とし穴について、事例を挙げて紹介しました。

深刻な「もうひとつのおひとり様」とは?

敢えて煩わしい人間関係を避けて来た40代、50代が陥る真の意味でのおひとり様が増えています。 会社内でも、社会でも、果ては家庭内でも。 それでも将来の事を直視しない(出来ない)シニアおひとり様についての紹介です。

想定外を想定しよう

第二の人生を考える時に、自分の万が一だけでなく、配偶者に万が一の場合まで考えておきましょう。 遺された家族への備えはかなり認知が進んでいますが、自分が遺された場合の備えはまだまだ不十分な認識なのです!

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

非課税贈与制度 ~子を持つ親として注意すべきこととは?

4月から始まった結婚出産子育て資金贈与非課税、既に始まっている教育資金一括贈与と合わせて、生前贈与の促進はここにきて活性化していますが、あくまでも結婚や子のいる家庭が対象です。 子のない夫婦やおひとり様の兄弟がいた場合、後々の禍根になる恐れがある事、気付いていましたか?

家の整理・家財の整理  ~50代が直面する問題とは?

高齢の親の住まいの後始末、おひとり様であればこれに加えて自分の住まいの始末まで考えておかなくてはいけません。 生前整理の問題は終活の中でもトップ項目になっています。 家の処分の前に、まずは家財の整理について、注意項目を紹介しました。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP