50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

定年

60歳定年、昭和32,33年生まれが直面する現実とは?

私と同期になる昭和32,33年生まれは会社勤めの場合60歳となります。ほとんどは定年退職を迎え新たな人生のスタートラインに着くのです。 第二の仕事を選ぶ際にどういう点に注意すべきか、理想的には40代で始める定年後の備え、こんなタイプの人はこの点に注意と言った内容です。

いよいよ3回目の…

60歳、還暦は人生で3回目の成人式、それまでの2回と異なり、人生の集大成の節目に当たるこの時に、悔いのない人生であるために、どうすればいのでしょうか?

こんな50代になっていませんか?

自分では自覚していない?50代のこまった行動パターンを紹介しています。 自分たちの時代と現在の置かれている各種環境の相違を認識していない?していても考えを変えない? 現役を退く際の心構えでその後の人生は大きく左右されます。

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

老後の生活困窮問題とは ~50歳から考える事

定年後もローン返済を強いられる。 再就職が出来ないままに退職金が尽きる。 思ってもいなかった会社の倒産などで高齢になってからの生活苦に陥るケースは少なくありません。特に住宅ローンを抱えいると生活保護も適用されません。 今から考えるべき老後破産を防ぐ備えとは?

定年退職後の再就職の実態とは?

定年退職後の仕事探し、再就職や雇用継続など、貴方に合った選択はどれか? 最新のネット上での仕事のマッチングなど50代から考える再就職の事情とは?

60才 定年退職時の蓄え

60才定年退職時に貯金がない、こういうタイプには共通する傾向があるのです。 貴方はどうでしょう? 40才でも50才でもここに挙げた項目をチェックしてみて下さい。

65歳定年 ~企業側の動きとは?

65歳定年制が進む中、モチベーションの維持のために 各企業では60歳以降の賃金体系や給与水準の見直しを図っています。 高齢化の中、シニア世代の活躍の場が広がる傾向です。

50歳からの再就職・転職事情

50歳の求人は現在どのようなものでしょう? まずは現実を把握する事が必要です、実際に調べた結果は かなりシビアな内容でした。

定年延長 ~65歳定年制の問題とは?

65歳定年制がいよいよ本格導入されます。 が、その反面の問題点について、あまり問題になっていません。若い人にも、無論、今60歳手前の方にも考えて欲しい問題なのです。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP