50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 定年

定年

准高齢者 提唱の意味は?

最近提唱された准高齢者という定義が意味するものは? 労働力として現役復帰を促す? 現役扱いで年金支給時期を遅らせる? いろいろな見方が出来るのです。

こんな50代になっていませんか?

自分では自覚していない?50代のこまった行動パターンを紹介しています。 自分たちの時代と現在の置かれている各種環境の相違を認識していない?していても考えを変えない? 現役を退く際の心構えでその後の人生は大きく左右されます。

貴方は大丈夫ですか? ~希望年収の根拠

再就職や転職、起業の時でも大きな問題は、年収です。 現役時代の年収からダウンサイジングする事は、意外に難しいのです。 無意識に続けている今まで通り、本当に必要なのでしょうか?

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

定年後も働く ~なぜ?

働く事の意味とは?なぜ定年後の仕事を考えるのか? おカネの問題以外にも置きか影響力を持つ「働くという事」についてまとめてみました。

「オトコの」居場所

会社人生=自分の居場所となっている方が退職後、会社以外の居場所探しに苦労する例が少なくありません。 今のうちに自問自答してみましょう。 社内外に仕事以外で付き合う友人はいますか? 弱みや悩みを打ち明けられる仲間はいますか?

シニア就業、大きく変わったその実態とは?

65才以上の就業率が年々上昇傾向に、しかも再度の宮仕えでの就業が大半という最近の傾向を国側、企業側、シニア世代側、それぞれの立ち位置から推測してみました。

先立つものを精査しましょう ~65才からの収支計算

定年後、再就職にせよ独立にせよ、生活の為に必要なおカネの計算は不可欠です。 これからの20年、25年の生活を保つにはいくら収入が必要か、想定される出費はいくらか? 収入を増やすか、出費を減らすかの選択しかないのです。 貴方は、この計算真剣に取り組んでいますか?

いわゆる「会社人間」を考える ~最近の事例から:その2

会社一途に過ごしてきた方に見られる共通項とは? 何も備えないまま定年になった時の問題とは? 在職中にこそするべき備えとは? など等まだ間に合うただの会社人間からの脱却について書いています。

これもひとつの、立派な起業

こういう起業もあります。 犬の散歩代行。 ここには「好きな事」「出来る事」「得意な事」が成立しての「やりたい事」が結びついた結果ですから、成功したのでしょう。こういう目の付け所が今後の起業にも影響すると考えます。

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP