50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 孤独死

孤独死

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

避けたいのは「孤独死」 それとも「放置死」?

死ぬ時に避けたいのは孤独死ではなく、誰からも看取られない死であり、誰にも気づかれない死です。元気な方ほど、自由な行動をする為にリスクが高く、介護を要する方は却って看取られているという皮肉な現実。 避けたいのは社会的な孤立から来る放置された死です。

とある50代の終活

モノに固執する団塊世代から50代でのおおひとり様、貴方の趣味の品々を貴方の死後どうするか、考えていますか? 特に判る人にしか分からない品の扱いは?もう一つはSNSやネット上に残る貴方自身の情報の始末です。 おひとり様ならではの準備の大切さを紹介しました。

50代おひとり様が暮らすなら ~同輩よ、街に出よう!?

気ままな50代おひとり様、今後の事も考えて、どこに暮らすのがベターなのかを考えました。 地域デビューをし易い街、安心・安全を与えてくれる街とは?

孤立するおひとり様高齢者

今後20年で高齢化がどのくらい進むのか?なかでも一人暮らしの高齢者の増加は孤独死予備軍として対応を考えなくてはいけません。 一人暮らしと生涯未婚の増加が及ぼす影響について、紹介します。

孤立死からの放置死を防ぐには?

人はひとりで最期を迎えます、孤独に死ぬことはある意味避けられません。問題なのはその事に周囲が気づいてくれないという放置。孤立死の問題にも共通する放置を避けるには?

孤独死 ~統計データから

孤独死の実態はどのようなものでしょうか?東京23区を例に男女での孤独死の数、年齢構成などを紹介します。男性の地域社会との積極的な交流が放置期間を短縮するのです。

相続問題 ~一人暮らしの場合

遺言を書こう、その場合でもおひとり様の場合と家族や親族のいる場合とでは書き方に大きな違いがあります!ここでは独り身の抱える問題点を紹介していきます。

孤独死 その現実

一家三人が自宅で餓死して2か月近く放置。もはや孤独死や無縁社会は単身者や高齢者だけに留まらない現象になってしまったのか?制度だけでは機能しない支援制度について自問自答しています。

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP