50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

再就職

65才からの仕事

65才からの仕事、企業としては非正規雇用や希望者の半数以下の雇用しか出来ていないという実態を受けて、第二の仕事の基準とは何かを改めて考えたものです。65才からの仕事は60才までには決めておかないと大きく出遅れることになるのです。

改正高年齢者雇用安定法

この4月から施行された新しい制度、改正高年齢者雇用安定法、主な改正ポイントについて紹介しました。70才までの雇用の努力義務化とそれに伴う新たな雇用の基準など、今後定年を迎えるシニア世代は関係の深い制度となります。

上場企業のリストラ 2020年

コロナに翻弄された2020年、危惧された通り企業のリストラは拡大傾向にありました。それでも2009年に起きたリーマンショックに起因するリストラよりは少ないとのことです。今日は昨年のリストラ事情について紹介したいと思います。

私の見た2020年の再就職

      【今日のポイント】  このブログでは今までシニアの再就職や転職について その時々の背景や業界の推移などを紹介してきましたが、 昨年から続くコロナ禍で大きく事態は変わりました。   …

東京セカンドキャリア塾

東京都が始めたシニア向け再就職・就業支援の「東京セカンドキャリア塾」について簡単にまとめてみました。コロナ禍の下、ますます再就職の激化が予想される2021年に向けて活用出来る支援については知っておいて損はありません。

品川区の就業支援事業を紹介

 シニアを始めとして再就職、就業の際にどのような公的支援事業があるか?地元の自治体によっていろいろな内容のものが用意されています。ここでは私の地元の品川区にある支援事業について紹介してみました。

ハローワークの業務対応の現状について(7月末現在)

再就職の際にはお世話になることが多いハローワークですが、ここもコロナ禍によって通常とは異なる業務体制とサービスの提供を余儀なくされてます。 今回は現状での対応について仕事探しの面に限定して紹介してみました。

コロナ禍で大きく変わる第二の仕事探しとは?

【今日のポイント】  コロナ禍が拡大を続け、終息の見通しが全く立たない中、 50代に加えて40代の会社員からの将来に関しての相談が絶えません。  その中で「未曽有の経験」の為か、 これといった青写真を持たないまま現状を嘆 …

新卒の就職活動とシニアの再就職活動

シニアの再就職と新卒者の就職とはどこが共通してどこが違うのでしょうか? シニアの場合、求められるものは即戦力、そして新組織への順応性、求めるものは? 肩書や待遇に固執するだけではいい結果は望めません。 第二の仕事に求めるものを、退職前に検討しておくことで最適な選択の道が開けるのではないでしょうか?

東京しごとセンター シニア再就職編

飯田橋にある東京しごとセンターを全3回に分けて紹介していきます。まずはシニア世代の再就職の相談、支援サービス等の窓口についての紹介です。

1 2 3 5 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP