50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

先憂後楽

任意後見制度支援信託

任意後見制度の補完的役割を果たすものとして最近注目の、任意後見制度支援信託について、簡単に紹介しています。 あくまでも被後見人の財産管理と将来にわたる生活の安定と安心を図るものとして、今後ますます注目されるものでしょう。

新・先憂後楽 を開設しました!

 これまでのブログ、先憂後楽とそうだんやを再編成して新たなブログ「新・先憂後楽」を開設しました。 このブログは50代を主体とした構成とし、第二の仕事、相続・遺言、その他の家庭問題といった3つのブロックに分類してそれぞれの悩みや問題を採り上げる事にしました。 これからも新ブログ、宜しくお願い致します。

もしもの時、おひとり様の面倒は誰が看る?

今は気ままな独身生活を謳歌している50代も、将来自身に何かあった場合、自分の面倒は誰に看てもらいますか? 問題を先送りにするのではなく、現実を見て、何らかの行動を起こしませんと将来どう言う事態に直面するかを紹介し、その対策としての事例を紹介ししています。

40代以下が、今考える危機とは?

今や40代から考えるライフプラン。 少子高齢化がこのまま進むと、今の40歳以下は現状では不景気の中で暮らし、老後は年金、医療費といった社会保障も期待出来なくなります!

今改めて「50才からの第二の人生」を考える :後編

今あらためて考えた50才からの第二の人生、何を為すにも時間を有効に活用しなくてはいけない最後のチャンス、それが50才なのだというスタンスを再度確信しました。 再度の宮仕えにせよ、独立開業にせよ、夢と目標を混同しないで熟考しましょう!

50才からの第二の人生

50才からの人生をいつから考えるべきなのか? 年金支給がどんどん遅れる今、70歳までの生活と、それ以降の長い生活をそうすべきなのか? 50代の抱える3つ世代の3つの課題を考えると、その開始時期とは?

贈与について ~贈与契約書とは?

贈与を確実に証明するものに贈与契約書があります。 具体的にどう書けばいいのか? 私の事例を紹介します。

おひとり様 ~自分のお墓はどうします?

シングルライフを謳歌している貴方も、いつかは直面する お墓の問題について。 供養してくれる親族がいなければお墓は持てない?

お葬式の常識とは? ~最低抑えるべき6項目とは? 

いつか来る親の葬儀。 その時に最低限知っておくべき6項目とは? 親に限らず、夫の情報を知らない奥様にも必見です。

お墓の常識 ~最新お墓事情とは?

お墓についてのこれまで寄せられた質問をまとめてみました。 皆さん、気にはなるものの、なかなか行動に移せない、 やはりまだまだ他人事、という傾向が強いようですが、 早め早めに考えて損することは、ないのですよ。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP