50歳からの第二の人生を送るヒントを発信するブログ「先憂後楽」
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 一人暮らし老人支援

一人暮らし老人支援

50代からの同窓会の持つ意味とは?

50代になってからの同窓会はこれからの人生を考える場合大いに参考になる機会があります。異なる業界で生きてきた仲間の声を有効に活用できるのです。 会社時代の同期会では会社という共通軸の話題に集約されていませんか? 第二の人生を早くから考える為にも50を過ぎたら各種の同窓会への参加を始めてみませんか?

「イエの後始末」を考える時に親子で共有すべき情報とは?

実家を相続する場合、させる場合、お互いが情報を共有しておくべき5項目の情報とは何か? その内容と理由について簡単に紹介しています。

親の葬儀と自分の葬儀 おひとり様の心得とは?

親一人子一人の家族が迎える葬儀、どちらにも関係しているのはおひとり様の子供です。 親の場合と自分の場合、何に気を付けるべきか? 何を準備しておくべきか? これについての考え方を紹介しています。

おひとり様の死亡届は誰が出す?  ~セミナー開催のお知らせ

おひとり様が亡くなった場合の死亡届、場合によっては誰も届を出せない事もあるのです。 いくら親しい間柄でもご近所さんは出せない、なのに顔も知らない親族なら出せる? この逆にマイナンバーでの手続きでは親族でも出来ないケースが有る等、実務面での落とし穴を簡単に紹介しました。

高齢社会白書を読んで ~その2

高齢社会白書紹介の後半は高齢者の生活実態と労働や社会活動への参加などの紹介です。その実態を分析すれば新しい起業のヒントや成功の要因が見つけられることも?

高齢社会白書を読んで ~その1

内閣府から発表された高齢社会白書の内容について、前半部の現状と実態の部分を抜粋して紹介しました。 全2回に分けて紹介していきます。

悪質商法と高齢者 

高齢者を狙う悪質商法は手を変え品を変え現れています。 その中から代表的な例と、私が体験した事例を中心に紹介しました。 これらの商法を防ぐにはどうすればいいでしょう?

独居高齢者のマイホーム活用方法とは?

高齢となり手に余るようになってしまった自宅。 さらに独居高齢者になった場合にはリスクが増大します。 そのような場合に活用できる2つの制度について紹介しました。

高齢一人暮らし

男性の未婚率上昇は将来のおひとり様の高齢化、そして引きこもりの予備軍の恐れがあります。 社会と接触を持つことで心身の健康にもつながる、そのメリットについてお話しします。

自立支援制度と成年後見制度の関係とは?

日常生活の基本サービス支援を担う地域福祉権利擁護事業と後見制度との関係とは?判断能力のあるうちに生活支援サービスを受けることは高齢者の生活を守ります。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP