50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

シニア市場

シニアの求人

50代のシニア世代が第二の仕事を探すときに勤務形態の選択があやふやなケースが少なくありません。 正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、状況に応じて柔軟に勤務体系を考慮することはますます激化する再就職市場において必要な備えともなるのです。絶対正社員という固定概念を今一度見直してみるのもいいかもしれません。

ハローワークの業務対応の現状について(7月末現在)

再就職の際にはお世話になることが多いハローワークですが、ここもコロナ禍によって通常とは異なる業務体制とサービスの提供を余儀なくされてます。 今回は現状での対応について仕事探しの面に限定して紹介してみました。

新卒の就職活動とシニアの再就職活動

シニアの再就職と新卒者の就職とはどこが共通してどこが違うのでしょうか? シニアの場合、求められるものは即戦力、そして新組織への順応性、求めるものは? 肩書や待遇に固執するだけではいい結果は望めません。 第二の仕事に求めるものを、退職前に検討しておくことで最適な選択の道が開けるのではないでしょうか?

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

准高齢者 提唱の意味は?

最近提唱された准高齢者という定義が意味するものは? 労働力として現役復帰を促す? 現役扱いで年金支給時期を遅らせる? いろいろな見方が出来るのです。

現実的な定年後の仕事について

会社勤めを全うして定年退職した後に、第二の仕事を探す。 現実的にどういった仕事を選べるのかはその時点で保有する資格や取得したスキルや専門知識で大きく変わります。 その時の自分に見合った仕事で満足するか、したい仕事の為に定年前から準備を始めるか? その時点で選択肢は決まります。

いよいよ3回目の…

60歳、還暦は人生で3回目の成人式、それまでの2回と異なり、人生の集大成の節目に当たるこの時に、悔いのない人生であるために、どうすればいのでしょうか?

うまくいく転職・再就職は在職中の姿勢で決まる!?

転職、再就職、定年後のスタートでも早期退職からのスタートでも、気を付けなくてはいけないことは在職中の備えがどこまで出来ていたか、進めてきたかによります。 マネープランから人脈の見直し、仕事に対する視点の変更など、特に留意すべきポイントをまとめてみました。

シニア就業、大きく変わったその実態とは?

65才以上の就業率が年々上昇傾向に、しかも再度の宮仕えでの就業が大半という最近の傾向を国側、企業側、シニア世代側、それぞれの立ち位置から推測してみました。

最近の転職市場環境に変化が?!

最近は景気拡大もあって企業が新規参入や業務拡大に即対応可能な40代以上の転職に積極的なようです。 また新興企業の人事経理系も会社の成長に組織が追いつかず、ベテランの中途採用も活発です。 転職が35才上限と言われた時代から大きく変わり始めて来たようです。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP