50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

シニア世代

気になる相談者に共通する特徴とは?

最近50才前後の相談者の特徴として、ある共通するものに気付きました。残念ながら多くはネガティブな特徴であり、本人が自覚していないものでした。自己分析と会社の評価の大きな違いに全て他責と決めつけ、それを認めて欲しいという相談なのか愚痴なのか判然としない相談内容では現状を変えることには繋がりません。

コロナ禍による第二の仕事探しの変化とは?

コロナ禍によってこれから予想される企業の立て直しの一環として確実に雇用調整が入ってきます。下手をすれば企業自体の命脈が断たれるケースも。 そのような背景の下、これから第二の仕事を選択する背景も変わってきました。 転職や資格取得について今まで以上に関心が高まっているのです。定年後は再雇用や定年延長を目論んでいたシニア世代もこの機会に真剣に次の仕事の選択を検討し始めるべきなのです。

キャリアの棚卸しましたか?

第二の仕事を探す場合、これまでの自分のキャリアを棚卸することは大きな武器になり得ます。仕事面の棚卸し、家庭や家族の棚卸し、適性の棚卸しを通じて見えてくる第二の仕事の方向性と、そのために欠かせない事前の備えとその時間管理と計画性の大切さを紹介しています。定年世代の方や離職の危機になる方は最近のコロナ禍による自宅時間をこのような問題解決にどこまで活用出来たでしょうか?

意外に知られていない? ハローワークで出来ること。

ハローワークは単なる職探しの場ではありません、各種の給付金の申請窓口でもあります。意外に認知されていない各種の支援制度についてまとめてみました。

東京しごとセンター シニア再就職編

飯田橋にある東京しごとセンターを全3回に分けて紹介していきます。まずはシニア世代の再就職の相談、支援サービス等の窓口についての紹介です。

シニア世代が感じる生活の悩みと不満とは?

シニア世代は現役労働力といわれる中で、65才、70才になると一定の制約が生じるものがある事、ご存知でしたか? 賃貸物件への入居やローンの申し込み、ペットの飼育等々、多岐にわたって年齢制限があることを紹介しています。

年金・保険・退職金 ~その賢い選択とは?

60歳、定年退職のタイミングで考えなくてはいけないおカネ問題は多岐にわたります。年金、保険、退職金をどう扱えば最も効率的、効果的に節約、節税に繋がるのか? 意外に知られていない公的な医療関連のサービスを含め、すぐに適用出来る方策について紹介しています。

40代の今、そこにある危機とは?

終身雇用制度はもう限界と経済界が口にし、政府は75歳まで働こうと持ち上げる。その分年金受給については不安感がぬぐえない。もはや第二の人生を考えるスタートラインは60歳の定年後ではなく、55歳の定年前の備えでも間に合わず、40代で60歳以降の生活設計を始めなくてはいけない時代になりました。そんなに早くに?という考えを変えるだけのデータを交えて紹介していきます。

増加を続けるおひとり様シニアに迫る危機とは?

最近発表された官民の調査データによれば、認知症になった時に頼れる人物がいないと答えた中高年は過半数を超えており、そのシニア世代にじわじわ引きこもりが増加しているという衝撃の実態が出ていました! なぜそうなるのか? 実際にその手前まで経験した私の感じたことを交えて紹介したいと思います。

定年後のライフプラン、何時から考えますか?

今や人生100年ともいえる時代、定年退職してから迎える約30年の人生をどう過ごしていくか? 定年になってから考え始める事で間に合うのでしょうか? 出来れば50代前半のうちに最初の行動を開始しておくべきで、その節目ごとに課題の克服に備えていくべきなのです。

1 2 3 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP