50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

シニア世代

シニアとリモートワーク

急激な仕事スタイルの変化、リモートワークによってシニア世代は孤独感や孤立感が悪化しています。 なかなか順応できないシニアは自分の居場所や立場への不安感から過剰な干渉や事なかれ主義に奔るケースも。 さらに将来再び人と接する業務スタイルが復活した時に、今の20代や30代は今度はアナログ営業への対応に苦労するのでは?

認知症への備え

60代、もの忘れなのか認知症の兆候なのか、迷うことが増えてくる世代です。 改めて、認知症を疑った時にどういう制度があるのか、おもだったものを手軽に利用できる順に紹介してます。

空き家予備軍の実家の片付け

高齢の親が暮らす実家には多くの家財が子供たちが暮らしていた時と同じままに保存されているケースが多いようですが、段階的にでも断捨離を始める事をお奨めします。 親が健在なうちに子と協力して処分することが最も効率的でお互い納得づくでの処置となるのですが、既に親は亡くなっている、あるいは認知症等で判断がつかない場合は、すべて子供の責任で片付けを実施することになるのです。

シニア夫婦の悩み

お互いがシニア世代となった夫婦、それぞれが一人遺された場合に遭遇するリスクについて紹介してます。 特に夫側は仕事人間、会社人間であればあるほど、対外的な孤立に加え、家事全般が出来ないという二重の問題を抱え込みます。 お互いが今からどういう点に留意すべきかを簡単にまとめてみました。

老親の家計チェックで出来る節約とは?

別居している老親の家計について、実際はもっと割安で済む費用が気付かないまま何年も支払い続けている、本来支給される公的な支援や正当な税金控除も知らなかったために利用出来ていない。 老親に代わって子供世帯が積極的に関心を持ってもらいたいものです。最終的にはいつか発生する相続にも影響を及ぼすかもしれません。

新たな出会いで思わぬ事態に!?

定年後は生活の心配もなく社会貢献、地域貢献の為にボランティア活動に参加を考えるシニアは少なくありません、ですがそこには思いがけない出会いによって順調だった人生の軌道から脱線するリスクも潜んでいるのです。 実例を中心に人間関係、老後資金、夫婦関係に影を落とすリスクについて紹介しています。

オンライン化の弊害~SNSに潜む悪意

オンラインでの仕事や在宅勤務の長期化によってネットに接する時間が増加していく中、起業や独立、投資ビジネスを勧誘するオンラインセミナーやサロンの勧誘に関心を惹かれる、さらには入会、投資を始めるというケースが少なくありません。 その結果生じるトラブルや取り返しのつかない結末を迎えるシニア世代の問題について紹介しました。

60才過ぎても働くならば知っておきたい公的年金と給付金について

2022年4月1日に施行される年金改正で何がどう変わるのか? 支給開始時期の繰り上げ、繰り下げがどういう結果を招くのか? 年金以外の給付金で注意すべきものは何か? 60代以降は必ず知っておきたい内容です。

とかく自己評価は難しい

同じような経歴の持ち主でも再就職に苦労するタイプとすんなり決まるタイプと明暗が分かれることが少なくありません。 実際の面接官からの話を基に典型的なNG集としてまとめてみました。

シニアのオンライン面接のポイントとは?

新卒者に加えてシニアの再就職、中途採用にもオンライン面接は欠かせないものとなりました。 ただでさえ、新卒以来数十年ぶりの採用面接という方が大半の中、おまけに対面ではない画面を通しての面接に面食らう方はかなりの数に上っているようです。限られた空間と時間の中でいかに自分のPRが効率的、効果的に出来るか? 何と言っても事前の準備がカギを握っているのです。

1 2 3 5 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP