50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

これからの人生

意外と知らない障害年金のこと

障害年金というとイメージは肉体的な外傷が対象と思いがちですが、実は糖尿病や内臓疾患、最近ではうつ病などの精神私感にも適用がされています。今回は認知度が低い障害年金の仕組みについて簡単に紹介しています。

新たな出会いで思わぬ事態に!?

定年後は生活の心配もなく社会貢献、地域貢献の為にボランティア活動に参加を考えるシニアは少なくありません、ですがそこには思いがけない出会いによって順調だった人生の軌道から脱線するリスクも潜んでいるのです。 実例を中心に人間関係、老後資金、夫婦関係に影を落とすリスクについて紹介しています。

もの忘れ チェックポイント

50代、いや40代になればひとつやふたつついうっかりのもの忘れは経験済みでしょう、ですが、それが頻繁に起きるとなれば、認知症の兆候も疑われます。まだ自分はと思うならば、自己診断をお薦めします。 あまり深刻に考えても、あまり楽観視してもいけないのがもの忘れへの対応です。

50才から始める断捨離

終活の入門となる断捨離ですが、一気に片付けるのは容易ではありません。年齢ごとにやるべき断捨離について、自身の経験を踏まえて具体的事例を中心に紹介しました。 あとになればなるほど、重い断捨離になるのですから早めの実行を目指しましょう。

終活の基礎10ポイント

【今日のポイント】  人間、時間に余裕が出来ると却って何から手を付けたらいいか そのことにばかり考えが集中し、実際の進捗はほぼゼロで終わった といった失敗談は数多く見受けられます。  夏休みの課題の消化に始まり、 長期連 …

おひとり様がすべきことは?

おひとり様で仕事をしている場合、何かあった時にどういう備えをしておくべきか? 具体的な事例を基に今から出来る備えについて紹介しました。

50才で確認すべきマネー

50代になったら定年後のマネープランを考える? 10年も先のことを? ですが、これから迎える10年は人生で最も出費が多くなる時期と言えるのです。子供の問題、老親の問題に加えて自身の仕事面も大きな壁に直面するのが50代からです。具体的にどういう事を今から検討すべきかを具体的に挙げてみました。

退職後の明暗

在職中の人生は見事に対照的だった2人が退職後の人生で周囲も予想出来なかった大変身を遂げたのです。同じように「あんなに変わるとは思わなかった」という感想でもその内容は明暗がはっきりと分かれました。 他人事と思わずに、今の自分を顧みるきっかけになれば幸いです。

男児、還暦を迎えたら考えること

今回のブログは、シニア世代、特に還暦を迎え定年退職した、または退職が間近な世代の男性に向けた注意喚起です。一人で家事が出来るようになっていますか?料理、洗濯、掃除、全て奥さんの力を借りずに出来ますか? 気の置けない友人は何名いますか? どんな趣味を持ってますか? まだまだ元気な今だから出来る趣味だけではないですか? 奥さんとどこまで各自の情報を共有出来ていますか? など等、今だからやるべき一つの終活を紹介しました。

老齢年金の受給時期の選択

65才から受給が基本の老齢年金を繰り上げ、繰り下げた場合どういった変化が生じるのか? コロナ禍の中繰り上げ受給を目指す傾向が強まる傾向ですが双方の結果について簡単に比較して紹介していきます。

1 2 3 7 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP