【今日のポイント】

 今日はコーヒーブレイク的な話題として
いわゆる「偉人の金言」の中から
起業や転職など、人生の一大転機を
迎える貴方の心に響く(のではないか?)
言葉を紹介していきます。

 

その一:
優れた能力も機会を捉えなければ役には立たない。

 

 「機会さえ与えられれば能力を発揮できる、出来たのに」
という負け惜しみをよく耳にします。

確かに会社勤めの場合には、偶然の産物で
機会やきっかけが与えられることもありました。

 でも起業・独立した後は与えられる機会等、
ある訳がありません、というか無いものと思う事です。

転職も同じですね、そんな機会が向こうからやってくるのは
相当以上に優秀な人材、スキルの持ち主にだけです。
大多数の方は、「自ら動かなければ」機会は見えてきません。

能力のある自分を見出さない世間が悪い。

こういった考えを持つ人に
機会は永遠にやってきませんから
捉えることも、永遠に無いでしょう。

 

  成功の女神には前髪しかない
これも成功の機会は自ら捉えなければいけない
という意味を含んでいるものと思います。

 

その二:
深く考える時は 時間をかけろ、
しかし戦いが始まったら考える事を止めて戦え

 意味はすぐに分かったと思います。
起業や転職と言った重大事について、
一時の感情や勢いで行動を始めるのは
愚の骨頂です。

その結論の根拠は何か?
十分な検証の下の根拠だったか?
時期は適当か?
場所は、資金繰りは?
熟慮する対象は多岐にわたります。

これらを完全に解消するためには
十分すぎるほどの検討の時間をかける事です。

でも、いざ行動を開始したら、
もうあれこれ考えることは止めて
ひたすら計画に沿って行動することです。

十分に考えないまま行動を起こせば
少々の不測の事態に直面しただけで
周章狼狽、安易に計画の修正や中止の
決断をしがちです。

中途半端、優柔不断な行動では
当初の計画を達成出来る訳もなく
結果後悔だけが残る結果になるのです。

即断即決、走りながら考える
で結果成功に辿り着くのは
限られたごく少数でしかありません。

熟慮断行

この言葉の意味は十分噛みしめるべきですね。

 

その三:
自分が信じていないことは
口で言っても、文字に書いても
行動しても、他人を動かすことは出来ない。

 

 自分自身が成功の確信も自信も覚束ないまま
他人に自分の決意(起業・転職等)を伝えても、
一見すると理路整然とした言葉や
熱意を込めた手紙でも、
実際に起こした行動であっても、
第三者はその根底の準備不足や熱意不十分を
不思議に感じ取るものです。

「開店したら常連になるよ」
「何か応援出来ることあったら遠慮無く言ってよ。」
等々、表面上は耳障りの言い言葉をかけても
実際に支援や協力を実践するケースは稀です。

 

その四:
知るだけでは不十分、活用すること
意思だけでは不十分、実行すること

 前者は机上の空論、畳の上の水練
と同じです。 以下説明は略。

後者は言行一致に近いでしょう。
緻密な計画を立てるのには長けていても
実行力に欠けるタイプでは
会社勤めであれば使いよう、活かしようは
あっても、独立するには最も不適です。
最後まで会社勤めに徹するという決断も
また、正しい選択の一つです。

 

その五:
失敗と考えるか
うまくいかなかった方法を見つけた
と考えるかでその後が決まる

 

 ネガティブ志向か
ポジティブ志向かで
直面した出来事の意味が
変わってきます。

いざ起業、転職した場合は
生活資金や雇用面の問題がありますから
無限に失敗していいとは言いません。

ですが一つの失敗でへこむなら
そもそもこういった決断はしないに限ります。

非常に綿密な計画を立てて、
私から見ても文句なしのプランを以て
独立した後に、数少ない想定外の事態に遭遇し
一気に意気消沈し、挫折・転落の一途を辿った
事例もありました。

繊細ゆえの打たれ弱さ、だったと思います。

 

 

いかがでしたか?
コーヒーブレイクにはややビターな
内容でしたでしょうか?

でも、このブログタイトル同様、
先に苦みを十分味わえば、
後には旨みが待っているのですよ!

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)