お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

8月も早や2週目、甲子園とオリンピックで
例年以上に盛り上がる日々が続きますね。

 

 さて、そのような世間の動きに無縁なのが
転職や再就職に奮闘するシニア世代の方々です。

その中で、
ハローワーク等で目にする
転職希望の企業が求めている条件と
自分の希望する月収(年収)との乖離に
戸惑う方が多くいます。

 

そのような事実に直面して、
初めて今の(今までの)職場では
仕事のボリュームや内容に比べて
「いい給料」貰っている(いたんだ)と
特に、管理職クラスは痛感するようです。

 

でも、それは当たり前のことです。

 

 仮に貴方が新卒で入社して30年勤続した場合、
そこには入社以来の貴方の業績の積み重ねがある訳です。

会社にとって有益な業績を重ねていれば、
その分の見返りとして管理職に登用され
主な業務は部下の管理や育成になり
同業他社との戦いの続く第一線の現場からは
解放されるのです。

 

でも、貴方が転職・再就職を希望する会社では
当然ながら貴方は何の功績もあげていません。

 ヘッドハンティングなら話は別ですが
そうでない限り、在職中の貴方の仕事ぶりまで
調べるようなことはありません。

今の会社でのポジションや収入は
それまでの論功行賞の結果なのです。

 

ですから
給与面で今までと同等程度を求めるならば
今以上のスキルや業務範囲を求められても
当然と思うべきなのです。

 

 その逆に、今と同程度の業務範囲や
ポジションを求めるならば、
今以下の収入に甘んじるのもまた、
当然の扱いなのです。

真に能力があるならば、
入社後の貴方の働き如何で、
貴方の思い描いた地位や収入を得ることは
難しいことではないはずです。

 

 プロ野球で例えるならば
トレードとドラフトがあります。

仮にインサイドワークに優れた
捕手のいるチームが、もう一人
捕手を欲しいという場合、
今の捕手に欠けている素養を持つ
選手をリストアップする。

今の捕手の泣き所が「弱肩」や
投手並みの「貧打」であるならば、
当然新たに加えるべき捕手には
「強肩」「強打」を持った
インサイドワークに優れた捕手です。

ごく当たり前の論理ですね。

転職や再就職も同じことです。

今の選手=人材と同じ戦力しかなければ
同じ報酬を払ってまで獲得はしません。

 目先の条件に拘った結果
早々にまたハローワーク通い
という方も珍しくありません。

言うまでもないことですが、
転職は2回目までが概ね希望する条件に
見合う内容で叶いますが、
それ以降は、
どんどん条件が厳しくなっていると
統計にも出ていました。

 

 転職も再就職も
ある意味、一からのスタートです。
なのに条件面だけは勤続何十年の結果を
スタートラインに置いてはいませんか?

 

 もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

  また、 電話等での お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)