お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

今回は起業を目指す、または既に起業した後の方でも
参考になるのではと思う話です。

 

 私自身がこの仕事で独立する際に、いろいろと
相談させて頂いた方々からの箴言でもあり、
その後の体験からもこれは間違いないと思った
大切な前提であり、資質に繋がるポイントと思ったものです。

 

【聞き上手=話させ上手】

 私の業務では当然ですが、相談者の話をいかに効率よく
要旨をまとめ、真意を把握することが求められます。

独りよがりや、早合点は相談者の方には
ネガティブな印象しか与えず、
さらにそれは「拡散」していきます。

まだ私がサラリーマン時代、営業で得意先に商談に
臨んだ際も、案外「立て板に水」のような
プレゼン上手よりも、先方の要望や小言を
しっかり聞き出すことを優先する商談のほうが
成約を勝ち取ることが多く、スムースにいったものでした。

士業のように相談者の話を聞くことが本業といった
仕事以外でも、この素養は不可欠ですね。

小売業や飲食業でも商品力の良さに酔ってしまい
(食材の良さも同様です)自分が気に入ったものは
誰もが同意してくれると思い込みがちです。

 

商品が良ければ、お客は(売上げは)後からついてくる。
今、何をお客が求めているのか?から商品を決める。

どちらが長続きするかは、言わずもがなでしょう。

 

 【マメであること】

 これも営業マン時代の「教訓」でした。
いわゆる、「ホウレンソウ」
報告、連絡、相談ですね。

くどいくらい報告をしろ
くどいくらい連絡を入れろ
くどいくらい相談しろ

 特に人と会う時の時間厳守は絶対です。
相談者や業務提携の相手との話し合いの場に
遅れそうな時に、「まだ間に合うかも」とか
「遅れても1、2分で済みそうだし」といった
勝手な判断で連絡を怠る・・・

またこんなことを相談したら何と思われるか・・・
この程度なら自分で何とかクリアする、出来る・・・

なぜもっと早い段階で専門家に相談しなかった?
その業界の先輩や同僚に相談しなかった?

後悔先に立たず、一瞬の逡巡で明暗は分かれます。

 

【すべてにポジティブ&フレキシブル】

 士業であれ、小売り、飲食業であれ
お客様あってこその仕事です。

店を開いた、事務所を開設した。
だけでお客が来る訳がありません。

そこからがスタートなのです。

どうやれば同業者、競合者と差別化出来て
お客さんの目に留まるような宣伝告知が
出来るか?

チラシ、DM、ポスター、新聞、雑誌、
ラジオ、テレビ・・・
今ならネットを介しての宣伝が主流でしょうか?

こういう私もこの様にネット上で自分の存在を
PRしているわけですが(苦笑)

残念ながら、この業種ならこの方法が最適、
という法則はありません。

立地条件や市場のニーズ、オーナーのキャラクター
個々の条件の組み合わせによって成功の鍵は
幾通りにも変化しているからですね。

 

 ですから、起業前でも起業後でも
一つの考えに固執しないで、
成功している同業者に相談に赴き、
異業種の交流会等で新たな視点を持つことに
励んだり、柔軟な発想と行動に努めるべきです。

「鋼の棒になるな、柔軟なワイヤーになれ」
原典は英海軍ですが、海軍士官に求められる資質です。
過去の先例(戦例)に拘ったあまり、戦術の革新を
図れなかった軍隊は皆一敗地にまみれています。

 

 私の場合で恐縮ですが、行政書士の本来業務に
50歳の起業・転職支援という業務はありません。
ですが、自分自身がサラリーマンからの「転職」
ともいえる独立・開業という体験は、後に続こうとする
同世代の方に貴重な情報提供が出来るのでは?
といった閃きが今に至る発端でした。

 

【人脈と信用】

 まずは同業者の中で「顔を売る」ことは大切です。
でも、同様に「他業種の中でも顔を売ること」
これも同じくらい大切なことです。

同じ行政書士であっても得意分野が異なる同業者や
他の支部、他の府県の同業者との交流を図ることは
人脈と信用を得るには欠かせません。

他士業ならば、司法書士、弁護士、税理士の面々と
交流を持ち、未経験の分野での良き支援者になってもらう。

守備範囲が広がれば、自ずと自信にもつながりますし、
どんな相談でも答えてくれるとなれば、信用も高まります。

これまた、他の業種でも言えることですね。
いい意味での持ちつ持たれつは、必要と思います。

 

 また、信用を得る、高めるには
約束を破らないこと、出来ない約束はしないこと。
に留意しましょう。

予定調和優先、間違った意味での顧客第一主義で
安易な約束をするよりも、場合によってはノーと言うこと
却って信用に繋がることがあります。

 

 ここでも、時間厳守が絡んできますね。
複数の業務依頼が微妙な時間帯で入った際に
安易に受け入れ、後に回した相談者との約束を
守れなかった為キャンセルを喰らい、
先の相談は結局成約しなかったでは一挙両損、ですね。

仮にどこからかの紹介で相談に来られた場合など、
紹介者にも迷惑をかけることになり、その後の関係も
相当気まずくなるのは必至でしょう。

 

人脈を築き、信用を得るには時間がかかりますが
失うのは一瞬の油断・驕慢で十分なのです。

 

 

 以上、紹介してきた項目をクリアするのは
かなりのハードルと思ったでしょうが、
これで最低限の内容です。

 起業前、直後の方はまずはこの項目が
どの程度クリア出来ているか?
一度、確認してみて下さい。

 

 もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

  また、 電話等での お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)