お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

 前回のブログでは、転職・再就職をテーマにしました。
今回は、起業・独立に関しての話題です。

 

貴方が起業・独立を目指そうと思った時、
その根底にはどちらの「リ」がありましたか?

「理」と「利」のどちらでしたか?

共に同じ発音ですが
その持つところの意味合いは大きく異なります。

理、と言うと、「理想」というイメージが。
利、と言えば、「利益」と言うイメージが
それぞれ浮かんできませんか?

 

 自分は今まで会社の為、利益の為、そして自分の出世の為
しゃにむに働いてきた。
だから、せめて第二の仕事では人の為、世間の役に立つ為
もしくは若い頃からやってみたかった仕事を始めたい。
儲けは二の次でいいので、こういう仕事を始めたい。

 

 または、これまでは自分の発案や方針で
多大の成果を上げてきたがその割に社内では報われなかった。
だから、やればやっただけ我がものになる独立の途で全力を尽くす。

どちらの「リ」を前面に押し立てるか?
これは当事者の思惑が全てです。
周囲がとやかく言うものではありませんね。

 

 私は、この二つの言葉は
表裏一体の関係にあると感じています。

 

 「理想追求」の選択をした場合 、
果たして家族の総意と合致しての事か?
単なる独りよがり、思い付き、勘違いでは?

いくら、したい仕事、社会貢献の仕事であっても
最低限の稼ぎを確保出来なければ、
起業としては「失敗」の烙印を押される事なのです。

 

 この反対に、稼ぐことだけが目的であり、
目標とするような「利の追及」を選んだ場合
私の知る範囲では、多弁になってきました。
「決して金勘定だけではない。」
「安く提供する事こそが使命。」
など等、聞きもしないのに語るのです。

なぜか、理想の実現の為に不本意ながら金儲けを
するといった装飾をし始めるのです。

 正直な話、こういう語りを始めた方は
概ね、ごく短期間に失墜し、やはり「起業失敗」の
烙印を押されていました。

ビジネスを軌道に乗せた方に限って

「いい暮らしがしたい。」
「贅沢をしたい、もっともっと贅沢を」
「都心一等地に家を建てたい」
「高層マンション最上階から世間を見下ろしてやりたい」

等と言った生々しい欲望を隠さない方ばかりでした。

 

 これはこれで大いに結構、
世間体や外聞を気にしての起業など
やらない方がマシと言うものです。

 ただ、この手の方の多くが口にすることに、
付き合う人物の選択基準は、
「ビジネスに役立つかどうか」
「自分にとって利益をもたらすかどうか」
と言ったデジタルな(ビジネスライクな)基準でした。

損得に関係のない、仕事以外での付き合いが出来るような
グレーな存在(アナログな存在)はどうなのでしょうか?

自ら(用はないとばかりに)避けているのか、
自然と先方から(自分が)避けられているのか?
気になるところではありました。

 

「利」を過剰に追及していけば、「理」は離れていき、
「理」に拘りすぎると、「利」は離れていきます。

 

 起業・開業の相談に訪れる方にこの選択を問いかけますと
過半は「理」の実現を口にします。

ですが、具体的な事業計画や立上げ後の収支の推計、
資金計画と言った具体的項目の詰めはお寒い限り。
といったケースが大半でした。
「明日は明日の風が吹く」ではいけないのです!

 

こういったケースではいつも超辛口なアドバイスで締め括ります。

「赤の他人が貴方に協力や支援するのは
自分に利が生じる期待があるからです。」

「貴方の理に共感、感動して支援を惜しまない。
な~~んて事は金輪際ありません、あり得ません。」

かなりの劇薬ですが、無謀運転、見切発車を阻止する事も
形を変えた「失敗しない為の起業支援」です。

 

 自分の本音と向き合えるのは自分のみです。

どうか、起業を志した真の動機・理由は何なのか
とことん向かい合って、探り出して下さい。

 

 もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

  また、 電話等での お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)