お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

1月25日付けの日経新聞朝刊に面白い記事が掲載されていました。

 お読みになっていない方も多いでしょうから、
ここで主旨を引用させて頂き、起業や転職を考える際の
一助となるようまとめてみました。

 

 普通30才前後になれば、
ある程度与えられた仕事の流れも把握出来、
流れに乗ってこなしていくようになりがちです。

そのままの状態で40代を迎える事になりますと
次第に仕事への意欲や新しいアクションを起こす事に
消極的になっていく。

その流れは、人的交流にも及び、
特にサラリーマンの場合ですと
同じ職場の人間、特定の取引先の担当者としか
付き合いが無いという状況になっていくというものです。

 飲み屋に行っても話題になるのは共通の話題、
社内の噂話や人事関連、愚痴・・・の繰り返し。
これでは内外から刺激を受ける機会を
自ら放棄しているようなものです。

 

そうなる前に、そうなっているなと自覚できる時に
日経では以下の7点を実施すべしとありました。

 

1)今の職場では得にくい刺激を受ける事。

例えば、休日を利用しての一人旅や関心のあるセミナーや
講演会などに参加してみる。
新たな発見や新鮮な知的好奇心を刺激されると発想も柔軟になります。

 

2)ルーティンを時には壊す。

今の流行と逆行するようですが、自宅と会社の
往復だけの毎日から、途中下車して街歩きをする。
いつもと違うルートで出社(帰宅)する事でも
思いがけない発見や出会いがあるかもです。

 

3)社内の他部門、他部署との交流を図る。

同期や異動になった先輩・後輩がいればさほど
難しくはないはずです。

お互いの部署の苦労譚や話題等の交換を重ねていけば
自部門との関係や会社組織の全貌も把握しやすくなります。

 

4)社外人脈を広げる。

これは以前から述べている事ですが、
1)と重複する事でもあります。
別に勉強会やセミナーでなくとも
趣味のサークルや、ジムでのトレーニングでも
構いません。

 

5)仕事上の不満や職場の不満を書き出す。

頭で考えているだけよりも、紙に書いてみると
一歩退いた見方が出来ます。
「なんだ、こんな事でそう悩む事ないじゃないか!」

ここで気を付けることは
同僚等と「傷のなめ合い」のような
愚痴のキャッチボール的な会話に奔る事です。

経験から言わせてもらえば、何の解決にも
繋がりません! 明日の朝には不平不満が
元通りに渦巻いているのがオチです。

 

6)日々の仕事の達成度、改善点を意識する。

要はマンネリ予防です。
「なぜ今月は120%の予算達成が出来たのか?」
~商品供給が豊富だった。
~新規開拓先が爆発的に売ってくれた。
~先方のニーズにうまく答えることが出来た。

「なぜ前年比で100%割れになったのか?」
~販促策が昨年の焼き直しで新鮮味に欠けた?
~新しい担当者と相性が悪かった?
~取引先が減少した?

過ぎた事は結果オーライ、
過去を見る暇があったら一歩でも前進しよう!

これはこれで一理はありますが
過去からの教訓や問題点の洗い出しは
一歩前進する為には不可欠な要素です。

 

7)キャリアのメンテナンス

新聞では5年毎とありましたが、
40代になっているならば毎年と
考えたほうがいいと思います。

現時点での実績やスキルの確認と
不足する要素にどう対処していくか?

長所を徹底的に伸ばし、1点突破のスキルにまで
昇華させるのか?

足らざる箇所を意識して強化していくのか?

その為に、必要ならば公的資格を目指す?

 

何時までに(何歳までに)
どこまでを
成し遂げるのか?

こういった意識を持つ事だけでも
日々の仕事の中で新しい課題を見出す事に繋がります。

 

 

 起業や転職を少しでも考えている30代、40代の貴方なら
今からすぐに上記のチェックを始めて下さい。

 

 

 もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

  また、 電話等での お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)