皆様もお気づきでしょうが、
このブログはリアルタイムで
書いている訳ではありません、
書き溜めたものを適宜アップしています。

 

 これを書いている1月30日は
久しぶりの雪の朝です!
雪が舞うのを見ているうちは
いいのですが、この後の出勤を考えると
いささか、厄介ですね。

 

 お元気ですか?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

 今月21日に更新したブログで
50才の自分片付けをテーマにしましたが
複数の方から問い合わせを頂きました。
多くに共通するのは、「具体的に」
教えて欲しいというものでした。

そこで今回は、代表的な質問について
私の考えを述べていきたいと思います。

 

 

1)資格を取りたいが時間が無くて

 資格起業を考えている方から最も多く
出てきた声でした。

「若い頃=独身の頃なら時間があったのに」
「家では一人になれる時間も場所もない」

など等、勉強する気持ちはあるけど、
今の置かれた現実の前に、出来ないのが悩み…?

 

出来ないのか、やらないのか?

 年齢に関係なく仕事をしていれば、
自由な時間には限りがあります。
若いうちなら(時間はあった)と言いますが、
20代の頃は社内では「ペーペー」です。
自分の業務以外に先輩や上司から
突然仕事を命じられたり、無理強いされて
当たり前でした。

 

 逆に、50代の今なら、それなりの地位や
キャリアがある筈です。
時間のやりくりは20代より柔軟に取り組める筈です。

もっとシビアな言い方をします。
貴方は今現在、そんなに忙しいのですか?

 

 以前のブログでも書きましたが、
限られた時間内で集中して勉強するほうが
頭に入ると私は信じています。

私が取得した20代の時は朝の1時間、
出張時のホテルでの夜、
休日は不意の来客を避ける為図書館通い。

等、考えられる限り
時間の捻出に知恵を絞りました。

 

 今の貴方の、1日の、1週間の、1か月間の
行動履歴を書き出してみましょう。

どこかに「アイドルタイム」はあります。
ちょっと一杯の赤ちょうちん、
これが生きがい?のパチンコやゲーム、
とりあえず点けるテレビ等はありませんか?

時間は探すものではなく、作るものです。

2)人脈を作るのが苦手

 起業だけでなく、再就職や転職の場合でも
社内外に多くの知己がいる方がいいに決まっています。

要は、コミュニケーション能力の問題です。

 

 よく勘違いされるのが、同世代なら人脈は
自信ありという方で、社内なら同期入社、
社外は高校大学のクラスメートやサークルの
メンバーというケースです。

求められるのは「異世代」とのコミュニケーションです。

40代なら最低今の大学生のトレンドや話題に
対応可能になっている事。
社内の20代社員と仕事以外の話題で1時間話せますか?

 

 反対に50代60代の先輩社員や上司、
場合によっては経営者クラスのメンバーと
仕事以外の話題で話しかけられますか?
話しかけられた時、対応出来ていますか?

 ポイントは「共通の趣味」でしょうか。
社内派閥の話題や業務上の話題では
どうしても上下関係がつきまといます。

漫画の「釣りバカ日誌」の鈴さんと浜ちゃんの関係は
最高の巡り合わせですし、理想の人脈です!
大いに見習いたいものです。

 

 社外の人脈で最もきっかけを持ちやすいのは
やはり学生時代の旧友でしょうか?
貴方は年賀状や時候の挨拶などはされていますか?
今ではフェイスブックを始め,SNSの活用で
容易に連絡もとり易くなりました。

 

年賀状を出す。
SNSに参加する。
同窓会やOB会には積極的に参加する。

1)で採り上げた時間を作る事と同じく、
自ら動く事でしか、人脈は拡大しません。

 

3)何から始めればいいかが分からない

 起業にせよ転職にせよ、現状を変える訳ですから、
やるべきことは多岐にわたります。

自分自身に関しては、まずは身だしなみです。
立ち居振る舞いも含めて自分に関心を持って下さい。

姿勢、髪や爪の手入れ、衣服の清潔さ、センス。
靴の手入れ等、気にしていますか?

猫背で歩く、無精ひげ、汚れたシャツ、靴、
くたびれたベルトやスーツのままで
人と会っていませんか?

 

 面接、同窓会やOB会、異業種交流会など
「人は見た目が8割」=第一印象で運命が決まるのです。

さらには、お洒落に気を使う事です。
いくら清潔でも着たきり雀では哀愁が漂います。

特に男性の場合、お洒落に無関心=女性にも無関心
という意味になります。
当然、女性側も正比例して貴方には関心を持ちません。

 

 手前味噌になりますが、私はサラリーマン時代から
名刺入れに匂い袋を忍ばせてきました。

名刺にほのかな香りを纏わせました。
サラリーマンなら名刺は皆同じフォーマットです。
印象に残るには「視覚」では期待出来ないので
「嗅覚」を利用したのです。

当然今も継承して、活用しています。

 

 見た目の次は、やはり「中身」ですね。

人間、当然ですが話し上手、話題豊富な人とは
次も会ってみたい、親しくなってもいいかな?
と思います。

ゴルゴ13と仲良くなりたいという人は
(仕事を依頼する以外)滅多にいないでしょう?!

 

 とにかく幅広い知識や情報を身に着ける事です。
この知識や情報の入手先となりますと、
どうしてもインターネットの利用が浮かびます。

ですが、インターネットにも弱点はあります。
それは「見たいもの」「調べたいもの」
しか知る事が出来ない点です。

 

 これに対して新聞の強みは、
意識していなくても
思いがけない記事が眼に入る点です。
それだけで情報の幅が自然に拡がります。

 私自身の経験でも、
広告欄で何気に見かけた宣伝に魅かれて
購入した書籍で貴重な知識を得られた事は
枚挙に暇がありません。

 

 よくビジネスモデルのケースで
採り上げられていたPOSシステム、
売れ筋を分析して上位品目だけを並べておけば
売り上げは確保出来るというものですが、
これでは「新規ヒット商品」が生まれる余地はありません。

お客側から見ても「いつ行っても同じもの」しか
店頭にないのでは、「飽きてくる」のです。

他ではない品揃えが時には必要となるのです。

わくわくドキドキ感が得られれば
人は自然に足を運びます。

人の魅力も、通じるところがあるのです。

 

 この他にも、以前に紹介していますが、
家族とのコミュニケーションもより重要です。

実の両親、義理の両親共定期的な連絡を取りましょう。
とにかく、可能な限り親族内に敵は作らない事です。
当然その前提は「奥様」の理解と協力です。

最も身近な存在への折衝力が無くては再就職でも転職でも
自分の思いを相手側には伝えられません!

起業・独立を考えても協力支援は期待出来ないでしょう。

社外人脈以前に、家族内人脈を盤石にすることです。

 

 また、何をするにも「己の健康」が第一です。
ここでまた、見栄なのか思い込みなのか
一念発起して安くもない費用を払って
トレーニングジムに入会した、
マシンを購入したというケースは少なくありません。

そんな事迄しなくても1日1万歩、
歩けばいいのです。

私はマンションの3階に暮らしていますが
必ず階段を使います。

新橋の事務所から有楽町の人材バンクや
浜松町のハローワークへ行くときも
必ず歩きます。

これだけで半年で4キロ減量出来ました。

 

4)今しなくてはいけない事?

 最後は此処に行き着きます。

「先立つモノがないから、今は…」
「まだ定年まで時間があるから、今は…」

今はまだ、ならいつなら始めるのでしょう?

 

 先立つモノが不安ならまずそれに対処すべきです。
果たして、何かしているのでしょうか?
問題提起だけで、対策を講じていないのでは?

 例え1万円でいいので定期的な貯金を始める。
または1万円で分散投資を始めてもいいでしょう。
国内株式、海外株式、国債、海外投資等
3~4つに分散しておけば全滅するリスクも
最小限になります。

実際の経済の動向が反映される投資を
始めれば、それだけで勉強になりますし
情報に敏感になる事も出来ます。

 

 他にも、貴方が40才ならば
これから毎年10年間の収入と支出の
見通しを立てましょう。
1年経過後の見通しの相違点をどう修正していくか?

仮にマイホームを購入するとしたら?
ローンならば何年のローンになるか?
一括で購入ならば、大半の場合貯蓄はゼロ
になるでしょう。

名実共にマイホームなら不動産としての
財産を確保したわけです。
ですが、その直後に事故に遭ったり
病気に罹ったり、天災に遭遇したり
想定外の出費を強いられたら?

 

 マイホームの問題の他にも
子供の進学、就職の見込みが狂ったら?
熟年離婚のリスクは?
介護、入院、施設入所のケースは?

いつになったら真剣に考えるのでしょう?

 もう一つ、貴方自身の社会での立ち位置を
貴方は把握していますか?

 在職中でも人材バンクへの登録は可能ですし
そこでどういう人材が求められているかが
把握できます。

ハローワークに行けば貴方が希望する業種や職種で
貴方の年齢や履歴がどういう評価をされているかが
把握出来ます。

一度でも足を運んだことはありますか?

40代と50代では求人条件にも大きな差があります。
自分の眼でその事実を直視していますか?

 

 そろそろ結論です。

 

貴方は「今考えるべき事を先送りしていませんか?」

貴方は「出来ない言い訳ばかりで問題を先送りしていませんか?」

 

10年後、15年後、20年後…

「なぜあの時に」と後悔したいのならば、
「受け身の生き方でそれなりに忙しい日々」
を満喫して下さい。

 

 この件について
もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

 

また、 電話等での
お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

事前予約ならば土日祝日の対応も可能です。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)