お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

最新のプレジデント誌の中で
「50代の仕事に対する意識調査」が
掲載されています。

ご覧になった方も多いかと思いますが、
今回はこのアンケート結果について
触れてみたいと思います。

 

 この内容を見ますと50代、特に
現状部長や次長クラスと言った
取締役未満の役職者は、社内での今以上の
出世、昇格はほぼ断念しており、転職の可能性に
関心を持ち始めているとあります。

 

大企業、特に金融機関等では子会社や系列会社、
または取引先への「天下り」も選択肢としてあります。

ですが、ほぼ55才になるまではこれまでと同条件の
給与、待遇だったのが55才を過ぎると転職先の水準になり
半分以下になる事もザラです。

そういう未来を了承のうえで勤め続けるか?
まだ若い(50代前半までに)うちに新たな仕事を
選ぶかが50代に突き付けられた課題なのです。

 

こうした中で
「この1年で転職を真剣に検討したことはありますか」
と言う設問に対し、

20代がトップで、約43%が検討したと答え、
以下30代は約38%、
40代で約28%と
世代が上になるにつれて
構成比は下がっていたのですが、
50代では30%超となり、
跳ね上がっているのです。

 

悩める50代、その実態は
アンケートの結果にも表れていました。

 

 

続く設問で
「今の職場風土の問題点は何でしょう」
というのがあります。

複数回答ですが、トップは
「社外で通用する能力を持つ人が少ない点」

以下
「新しい事を積極的にやる風土が無い」
「効率的かつスピーディに仕事が行われていない」
「部門や本支店間の風通しが悪い」
「経営目標などが職場全員に徹底されていない」
とありました。

 

調査の年代別構成は明らかにされていませんでしたが
50代の回答が上記の様であれば、これは問題です。

 

 既に管理職の中堅であり、
中には経営に携わっている50代から、
「優秀な人材がいない、 積極的な風土にない」
と言う回答が出たとしたら、天に唾する行為です。

自分たちの能力不足によって
こういった事態を招いている自覚すらない訳です。

または、40代以下から
自分たちはこう見られてる
という 側面もある訳ですから、
なおさら当事者の問題として捉えないといけません。

 

こういった「現状」に対し、
貴方は自分で出来る範囲ででも、現状を変えようとしましたか?

 

管理職なら部下からの提案や
今までにない発想が上がってきた等の場合、
どういう接し方をしたのか?

同じく、40代以下の社員であっても
1度でもこういった上申をしたのか?
自分から動いたことがあるのか?

 

各自で自問自答して下さい。

 

続く設問では
「仕事をすることの目的は何でしょう」とあります。

トップは
「安定した生活の確保」

以下
「実力が発揮出来る事」
「取引先やお客様に感謝されること」
「新しい事に挑戦出来る事」
とあります。

安定した生活=安定した収入と同義語ですね。

 ですが収入とはあくまでもひとつの「目標」です。
「目的」にはならないのです。

自分に与えられた能力を活かして
会社の発展に貢献するとか、
社会に貢献するとかの結果が
収入と言う形にあってくるのです。

 

 転職、再就職の際の第一優先条件に
「現在の収入と同額は譲れない」
と決め込んでいる相談者は少なくありません。

家庭の事情など、第三者が口出しする事では
ないのですが、収入や待遇面に固執し過ぎると
何時まで経っても浪人生活のまま
という状態に陥りやすくなっていきます。

 

 私が開業したての頃はハローワーク等でも
50代向けの求人情報は増加傾向にありましたが
ここ1年の間で見ると、かなり減少してきています。

まだまだ現役に準ずると見做される40代、
採用すると国や自治体からの支援が受けられる60代以上に対し、

50代は「高給取り、自意識過剰、実務能力は疑問符」
という見方をされるようになったのです。
私の所に相談に来られる中でもこの傾向は
見受けられます。

 

どうか、50代で転職・独立を真剣に考えるならば
冷静に自身の現状評価を下してみて下さい。

 

 

 この件について
もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

 

また、 電話等での
お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

事前予約ならば土日祝日の対応も可能です。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)