あと2日で10月も終わり、
いよいよ年末の雰囲気が漂い始める11月ですね。

 

 お元気ですか!?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

今日は前回に引き続き、私感的な起業・独立において
充分に考えるべきポイントについて紹介します。

 

 これは、転職の場合にも当てはまるかと思いますが
起業や独立を考える場合には、ますは以下の点を
自分なりに十分に、徹底的に検討を重ね、
自分なりに納得出来る答えを見出す事から始めます。

 

① 自分の棚卸

次の3つの項目について、自己分析をしましょう。

貴方が)得意な事=前職/現職時の強みやスキル、実績から分析する。

貴方が)出来る事=職務能力に加え、気力体力も加味して分析する。

貴方が)好きな事=趣味や娯楽も含めて得手不得手は無視して分析する。

分析を終えたなら

貴方が)やりたい事=上記3つから導き出された
「これからやりたい事」を絞り込みます。

 

 ここでいきなり「やりたい事」を考え始めると
前職の延長線上の発想や、単なる憧れに陥りやすいので
面倒がらずに順を追って分析して下さい。

次は、導き出した「やりたい事」
おカネを稼げる事かどうか?を分析します。

 

生活するに十分な市場があるのか?
今から参入して生き残れる規模の市場があるのか?

ここは、より客観的な市場分析が求められます。

自分ならうまくやれる~
まだまだ間に合う~

こういった独りよがりは厳禁なので、
出来れば第三者の忌憚ない意見を求めましょう。

 

「実例その1」

長年にわたり、社内販促部門に勤務し
販促のノウハウや実務に習熟した後に
自分で販促品制作や販促企画を請け負う仕事を
したいと起業・独立を果たしました。

 

ですが、営業経験が皆無に等しく販売計画自体
未熟だったため売上は低迷し続け、挙句の果て
元の会社の販促グッズの下請けで糊口を凌ぐ日々。

こういう形の独立を望んでいたのでしょうか?

 

「実例その2」

得意だし、大好きなパソコンを活かして
パソコン教室を開業、独立したい。

会社勤めの時の業務ではパソコンは必須アイテムで
知識やスキルは充分に蓄えられていると自負。

とはいえ、それはあくまでも「業務上の範囲での」
知識であり、業務をこなす上でのスキルでした。

技量の差や年齢差による受講生のレベル格差を
捌いてけるような汎用的な指導力は未知数でした。

結果は、思ったほどの生徒が集まらず、
全く畑違いのバイトを始めたそうです。

 

自己評価ではなく、第三者の他人の評価を
聞いていたのでしょうか?

顧客獲得の為に具体的な活動はしたのでしょうか?

何が他のパソコン教室と違う自分だけの「強味」
「売り」なのか?

お判りですか?

 

得意であっても、出来る事であっても
それだけで起業が成功する事にはならないのです。

 

 ここで挙げた分析は慌てて完成させる必要はありません。
仮に今40代半ばで50才を目途に起業を図るのでしたら、
2,3年かけても十分時間的余裕があります。

今50才の場合でも、まだ1,2年は余裕があります。

自分がやりたい事、自分に向いている事を
見極める事には時間をかけて慎重に進めるべきです。

 

 

②心構え

「努力した者が皆、報われるとは限らない。
ただ、成功した者は皆、努力している。」

漫画に出て来た台詞ですが、新たな挑戦に
必要なのは、まさにこの心構えです。
開業後の集客策や販促策に限らず、
これは転職や再就職の活動の際にも
十分通用する項目だと思います。
貴方は、10回試してみて悉く失敗したら

 

「10回も試して駄目なら、もう駄目なのでは」
「10回も失敗しているからこそ、次は成功する」

 

貴方はどちらを思い浮かべますか?

 

 無論、
同じやり方を10回繰り返しただけの
漫然とした失敗は論外ですが、
いろいろ失敗の度毎にやり方を変え、
工夫を凝らしたならば、
次回に繋がるノウハウは蓄積するのです。

またまた受け売りで恐縮ですが、
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。」とは
「下手な鉄砲撃ちなのだから、数多く撃たなければ当たる筈がない。」
と言う意味となるのです。

中には、自信家の方で
「私は下手じゃないので、数発で当てられる。」
と考えるかもしれません。

今のドラマで言えば「私、失敗しないので」ですね。

ですが、
ここで言う撃つとは(狙いを定めて)撃つ。
と言う事です。

目標を定めずに撃っていたなら
(弾丸の)数がいくらあっても
当てる事は至難の業です。

当てると、当たるの差は
天と地の差である事はお分かりですね。

またまた脱線しますが

お笑いの世界でも
「笑わせる」と「笑われる」の
違いが分からずに、「笑われるだけ」
で一時の人気を得るケースがあります。

次のシーズンに顔を見たことはありませんが。

営業の世界も同じです。
「売った」と「売れた」がどれほどの差か?

営業経験のある方なら何回かは不思議に
「売れた」経験をしたことがあると思います。

でも、最終的に結果を残すのは
「売った」実績の多寡です。

集客、販促の場合も、まさにこれと同じなのです。

苦労して士業の資格を取得した!
でも、その後は事務所内で終日電話の鳴るのを
待っているタイプ。

活動は起こすものの、効果測定も事前の検討も
そこそこに、チラシ配布やホームページ制作、
SEO上位検索用の対策等に必要以上に手を出して
経費だけを垂れ流すタイプ。

撃たないよりは、撃つほうがマシです。
でも、狙いを定めて撃たなければ、
それは結果には繋がりません。

 

起業したての、この業界で何の実績もない
貴方に、仕事が舞い込むことはありませんし、
その為の集客策も狙いを絞り込んで
手を打たなければ、何の結果も生み出さないのです。

 次回は、起業ポイントの中で最も具体的な課題である
開業資金関連の問題と、具体的計画のスタート時期に
ついて、紹介していきたいと思います。

 

 この件について
もっと詳しく知りたいという方は
お気軽に 以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

 

また、 電話等での
お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

事前予約ならば土日祝日の対応も可能です。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)