暫くお休みしていました!
9月初の更新です。
ブログの夏休み?・・・

・・・言い訳です。

お元気でしたでしょうか?

50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

 現在在職中で、将来起業・独立を考えている
貴方にとって まず知るべき情報は、
成功事例? 失敗事例? どちらでしょうか?

 何にしても、人生初のチャレンジになる訳で
どれが正解と言うものはありません。
これだけは、確実に言える事ですね。

成功例を収集して、
「これなら自分にも出来る」
「これで成功したならもっと緻密な(自己採点ですが)
自分の事業計画なら成功は間違いなし!」

失敗例を収集して、
「この二の舞は絶対に踏まない」
「まだ決行には時期尚早か?」
「もう一度、計画を見直そう」

即断即決、拙速を重視するか
熟慮断行、慎重堅実な行動を重視するか

よく類似した決断を迫られる重大事に
「結婚」があると思います。

「このヒトしかいない!今しかチャンスは無い!」
だからプロポーズに奔る?

「もっと価値観の合うヒトがいるのではないか?」
「一時の情熱に浮かされているのではないか?」
と、最後の言葉を発するのを躊躇する?

 独身のお前に分かるのかと言われそうですが
その代わりに、会社員から起業独立は果たしています。
少しは、言える資格はあるのではと・・・?

私の場合も資格を活かしての独立を
真剣に考えた時は当然情報収集は怠りませんでした。

何度もこの場でも紹介してきましたが
バラ色の独立成功物語や
こんなはずじゃなかった的な悲惨な事例。

天国と地獄の紹介本には苦労しませんでした。

 まだまだ「士族経験」3年未満の若輩です、
成功したとも、失敗したとも言えないのですが
私の経験上、アドバイス出来るいくつかの
ポイントはありました。

1)全国共通、全員に通じる成功事例は、無い。

 私なりの経験ではサクセス本やセミナー講習等で
肝心要の成功ポイントを明確にしたものはありませんでした。

成功本のままを実践しても所詮後追いです。
同じ様な行動を起こす同類は数知れず。
スタート時には既に定員オーバーな市場に
なっているのです。

 

 見極めるべきは、なぜそのポイントに着眼したのか?
数あるポイントからそれを選んだ本当の理由は?
結果である成功ではなくそこに至る経過から
自分に当てはまるポイントやこれから身に付けるべき
素養やノウハウを見出す事が出来れば・・・

成功本を読み、成功事例を収集する事にも意味はあります。

2)全国共通、全員に通じる失敗例は、有る。

 勝負事の金言にある
「勝ちに不思議の勝ち有り、負けに不思議の負け無し。」です。

 失敗には必ず共通項があります。
場所が悪かった。
タイミングが遅かった(早過ぎた)
(新規参入には)競合が激し過ぎた
世の中のニーズ、ウォンツに合ってなかった・・・

ザックリ一言にまとめると
事前の計画が杜撰だったのです。

目標の売上(収益)目標は
どう計算したのか?

自宅のローン返済額、
または賃貸の月額家賃、
事務所や店舗の賃貸料、
自宅、事務所共に発生する光熱費、
食費や日用品購入等の生活費、
事務所、店舗への通勤交通費。

これらありきで売上目標を立てたなら
何を、週いくら、一日いくら売る事になるのか?
今の事務所、店舗の立地でそれが可能な商圏か?
可能ならば、売上獲得の為にどういう手立てを講じているのか?

逆に、売上の目途は現状ではこの程度しか見えていない。
ならば、生活費を始めどこをどれだけ削減するのか?
削減出来るのか?

今は売上が目標に達しなくても何年か後には
この水準までは拡大出来るという目安があっての事か?

ここで次に重要なポイントが出て来ます。

仕事は待っていても来ることはありません。
自分から「狩りに出る」以外にはないのです。

即ち、営業に出向く事を厭わない行動力です。

殆どの失敗例の場合、
事前の見込みの甘さと営業力の欠如に集約出来ます。

 

 上記はあくまでも独立・起業の場合のポイントでしたが
再就職や転職を考える貴方に必要な事は何でしょう?

履歴書の書き方や経歴の魅せ方、
面接時の印象や好印象を与える受け答え
など等、ここでもテクニック本は数多く見受けられますね。

それも大切ですが、根本的なポイントは

・譲れない条件を明確にしておく事
・その中で優先順位を明確にしておく事

求める月収の為なら遠隔地勤務も厭わないのか
やりたかった仕事なら月収半減でも是とする事が出来るのか
自宅通勤が叶うなら業務内容には拘らないのか

特に50代の再就職や転職の場合は
満額回答を得ることが出来る可能性は
ほぼ皆無です。

希望する要綱の 「断・捨・離」
についても想定しておくべきなのです。

 さて、このブログでは
次回から数回にわたって
独立・起業を考える場合の
私の体験的成功ノウハウを
紹介していきたいと思います。

予定としては以下の内容で
進めたいと思っていますので
興味のある方は、宜しくお願い致します。

<目次>

① 2013年を振り返って

 2013年の景気動向
労働力・消費者の両面から見た60歳の置かれた立ち位置とは?

② 貴方はどちらのタイプ?

起業向きか、宮仕え向きか
既存の価値観の受け止め方で判る向き不向き

③ 50歳からの生き方 ~現実問題となってくる3世代3つの問題

・後期高齢者となる両親~生活支援、介護、相続、遺言問題
・自分の後半生~ゴールの見える会社員人生、その後の人生設計
・子供達~教育費から生活支援まで

④ 50代の私が30前に下した決断 ~なぜ資格取得を考えた?

⑤ 士業での起業 ~その注意点

⑥ 体験から語る起業・独立の4つのポイント

⑦ 起業・独立に際して ~私が50代で行政書士事務所を始めた理由

以上です。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)