お元気ですか?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

今日は有楽町の国際フォーラムで開催中の
DODA転職フェアに行ってきました。

 

 このフェアは各業界の優良企業や、
新興の成長企業 または地方公共団体や
米軍基地関連からの 出展があるもので、
ご存知の方も多いかと思います。

各社のブースが林立し
時間によっては著名人の講演会も
盛り込まれており、人気のフェアです。

 

 私は「入退自由、服装自由」の文言を丸々信じて
予約も取らず、あいにくの天気もあって
スーツを雨さらしにはしたくないと
ラフな格好で向かいました。

ですが、
会場に向かうそれらしき人は
目に入った限りスーツ100%でした!

転職にかける意気込みを過小評価した次第です。

 

で・す・が・・・
中には、男性3人連れ、2人連れで
面接を受けています。

単なる冷やかしなのでしょうか
(この点は私も似た様なものなので 大きな声では言えません)

私には自分一人で仕事探しも出来ないのか
としか見えませんでした。

同様に
カップルで企業ブースを巡っている!?
に至っては 転職したいのかどうか、
訪問の真意がわかりません。

 

これ以上言うと
ただの妬み僻みと思われそうなので
会場を漂流しながら、
気になった点を紹介します。

 

1)メモくらいとりなさい。

面接者が年下だから?
せっかく説明してくれているのに
質問側が腕組みして聞いているだけで
どう見られるかも分からないのでしょうか?

2)何を質問したいのです?

恐らくその企業には真剣に転職する気が無いのでしょう。
質問内容が抽象的な事ばかり、
質問側も社の歴史や売上等の手元のカタログを
読み上げるくらいしか話せてませんでした。

3)自分の売り込みをしなさいよ!

自分の情報を出し惜しみ?
積極的なアピールしなくてどうしますか!
慎み深さはこの場合に限っては「罪」です。

 

 

 少なくとも、
「これまで自分はこういう仕事をしてきました。
この業務については誰よりも熟知しています。」という 自信や
「これまでの自分の経験業務は貴社のこの業務にも十分 応用、
貢献出来ると私は思うのですが?」といった
筋の通った志望動機を考えておくべきです。

 このフェアではざっと見て、
60%強は技術系の転職募集でした。
ただでさえ事務系、営業系の募集は狭き門なのです。

私と同世代と見える来場者は
半数を超えていたと思います。

後がない状況で、
貴重な時間を、
せっかくの出会いの場があるのに
準備不十分で臨むことは
自ら運を放棄している事と同じでしょう。

 

これ以外にも、
論外な言動を見聞しましたが
掲載しても無価値なので、省きます。

 

 会場を後にして、
残念な面談をしていた来場者を捕まえて
面談アドバイザーを始めとする
転職活動事前準備コンサルというビジネスも
十分成り立つのではと思った次第です。

私にとっては、これが訪問の収穫でした。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)