お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

 先日、マイベストプロ東京のコラムで
紹介した話について、多くの賛同を頂きました。

「一生懸命考えれば、知恵が出る。
中途半端に考えれば、愚痴が出る。
いい加減に考えれば、言い訳が出る。」

誠に拙い文章でしたが、採り上げた諺が良かったのでしょう。

~参考までに
マイベストプロ東京

 

武田信玄といえば、
「風林火山」の旗印や
「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」
が有名でしたが、この言葉も含蓄があるものですね。

 

 さて、コラムで触れたことですが、
このブログのテーマである
独立・開業や、転職・再就職の際にも
大いに関係してくるのです。

50代を迎え、会社員人生のゴールを見据えて
どれだけの人が「一生懸命」に「知恵」を絞っているか?

大半の場合は考えていると言っても
「中途半端に」あるいは「時折」情報収集する程度
ではないでしょうか?

~定年までに景気が良くなっていれば、
再就職先も今より増えているかもしれません~

~またさらに定年延長が採用されているかもしれません~

半ば冗談でしょうが、
こういう事を口にした相談者もいました。
相談の発端は、独立・起業相談だったのですが・・・

まさに、「中途半端」「いい加減な」
考えだから、つい言葉にに出たのでしょう。

恐らくは、60歳か65歳の定年をを迎えた時に
「あの時真剣に考えておけば」
「定年70歳制になると聞いていたのに」など等
愚痴か言い訳を口にするのでしょう。

 

 さて、特に独立の場合にはもう一つ、
「徹底する」 事が重要なポイントになります。

家族全員が貴方の決断に納得しているかどうか?
貴方自身が納得して選択した「起業業種」であるかどうか?
開業前に開業後の事業推移をリスク発生も含めて想定出来たか?
自分なら成功できるという要因は客観的なものかどうか?

そして、その結論は独りよがりになっていないか?
第三者から見ても、疑念を挟む余地が無いものか?

ここまで「徹底」しなくては
独立・起業という「英断」は下してはいけません。

※私の場合はさらに、開業3年間は無収入でもビクともしない
財政基盤を会社員時代に築いておきました。
何をどう言おうが、現実の生活に余裕が無ければ
理念の追及は出来ないというのが、私の考えです。

 

 私の所へ相談に見える方のうち、約半数の方は
「これからの人生に不安を感じた。」
「他の同世代はどういう備えをしていますか?」
という段階での相談です。

次が「今ならどんな起業が成功していますか?」
「私の職歴ならどういう独立が向いていますか?」
という相談です。

無論、私は人材斡旋や、ヘッドハンティングを
している訳ではないので、具体的に推薦したり
紹介出来るような企業はありません。

せいぜい、独立支援の為の有益なセミナーの
紹介程度です。

 

ですが、こんな私でも判断出来る事はあります。

 

 先の相談内容の事例の後者のパターン、
成功している起業は、とか
自分に向いている起業は何か
という他力本願・外部依存型では、
決してうまくはいかないという事です。

 正直なところ、現在の経済環境では
50代の再就職・転職市場は
図抜けた特技や資格を有していないと
かなりの難関である事は、否定出来ません。

定年までのタイムリミットを睨みながらの
起業・独立準備では、どうしても粗さが生じます。

本人は意識していなくても
プランには「中途半端さ」「徹底不足」
が垣間見えます。

そういう点を容赦なく指摘していくのが
私の初回相談時のよくある光景です。

そのような「洗礼」を苦にしないような方
是非、お越し下さい。

事前に相談内容をお話し頂けるのでしたら
以下のフォームからお願い致します。

http://hitori-happy.com/blog/contact

 

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日の10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。
事前予約ならば土日祝日の対応も可能です。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)