お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

いつも使っている上記のフレーズですが
今回の調査の結果は「50才ではもう遅い!?」
大幅な修正を迫られるかもしれない
シビアな現実について紹介していきます。

 

 私の聞いた範囲での状況や
提携先からの情報、雑誌や官公庁データ等
いろいろな情報から共通項だけを抜粋して
40才前後±5才既婚者(夫婦と子供2人)ベースで
現在の生活実態についてまとめてみました。

 

【生活全般について】

「やや苦しい」以上が90%弱でした。
「非常に苦しい」が約20%で
5人に1人は厳しい生活を強いられているようです。

 

【毎月、貯蓄出来ているか?】

ゼロ=出来ていないが25%
実に4人に1人です!
「 貯蓄どころか、取り崩している」
が16%に達しています。

ちなみに月の貯蓄額が1~3万円未満は21%
1万円未満が17%となっています。

 

【貯蓄額は?】

500万円未満が70%!
さらにそのうち100万円未満が24%でした。
前問の回答と連動していることが分かります。

 

【妻は働いているか?】

⇒専業主婦が過半数超えの52%でした。
また働いているうちの30%は
収入100万円未満でした。
恐らくはパート・バイト収入の範囲でしょう。

 

【家計を圧迫しているものは?】

住宅関連(ローン、賃貸家賃)で72%
保育や学費等子供関連で42%
(複数回答)

 

【居住形態は?】

持ち家一戸建てが過半数の52%
続いて賃貸の28%
分譲マンションは20%でした。

男の甲斐性は、
今でも持ち家一戸建てなのでしょうか?

 

【住宅ローンを組んでいるか?】

組んでいるが、90%!!
概ね30年ローンが中心でした。
平均して残り15~20年でした。
まだまだ先が長いのです。

 

【購入した住宅物件の価格は?】

⇒3,500万円以下が最も多く、74%
そのうち 3,000~3,500万円が37%でした。

 

【毎月の住宅費は?】

⇒10万円未満が77%、
8万円未満で42%でした。

逆に10万円以上が23%でした。

 

 前回のブログで住宅関連費は
手取りの25%以内でないと生活面に
支障が出ると書きました。

これを当てはめると
仮に毎月の支払いがジャスト10万円の場合
収入=手取り額が40万円でないと
生活面のどこかに破たんが生じる可能性があります。

 

以上のデータをまとめてみますと

40才前後で4人家族の平均像は…
3,500万円の一戸建てを購入、
住宅ローンを20年残し
毎月9万円前後返済し続けている。

貯蓄は約500万円、
月々の貯金は1万円がやっとで
妻は専業主婦。

生活は「楽でない」以下の
「苦しい」中でやりくりしている・・・

 

この場合で、最低限必要な
「手取り額は」500万円です。

 

 ここに挙げた事例はあくまでも参考例です。
ですが貴方が再就職、転職、または独立を考える場合
この数字を織り込んだ活動計画は必須です。

 今回はかなり刺激的な内容になりました。

決して全ての40代家庭がこうとは思いません。
ですが、レアケースでもない事は事実です。

50才からの第二の人生を考える。

この為には最低でも40才の時点で
自分の置かれた環境を冷静に見据えて、
これから進むべき方向性を考える事。

これもまた「先憂後楽」の考えと一致します。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)