お元気ですか?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

 皆さんは生命保険と聞くと何をイメージしますか?

多くの場合は、万が一に備えてのいろいろな保証。
さらには貯蓄にもなる金融商品の一種・・・
ひとつくらいは加入しておかないと、何か不安になる商品。

こんなイメージではないでしょうか。

これから起業、独立を考える場合でも
万が一を考えて加入する保険を見直したり、
あるいは生活費の節約や出費の見直しを考えた結果
一気に解約!というケースも耳にします。

 ですが、ここに来て
生命保険の最も重要な役割は
相続対策になりつつあるのです。

 今回のテーマは50代の子供を持つ親世代の方に向けたもの
ですが、その50代の世代の方にも該当するものです。

今どきの50代なら、家庭を持っていれば子供は20代半ば
というのが一般的でしょうか?

私の友人に22歳で結婚し、2年後に子供が生まれ
49歳で祖父ちゃんになった強者がいますが
それはおいときまして、一般的には社会人になって2,3年目、
早い場合は既に結婚しているかもしれませんね。

 そのような背景の50代の方、
もしも貴方にかなり早い「万が一」が訪れた場合。
その事実を知った金融機関は
即座に貴方名義の口座を凍結します。

その場合配偶者(子も含めてかもしれません)の生活費も
貴方名義の口座だけで賄っていたら?
遺された家族は途端に生活に困窮する事になります。

 

 さらに、葬儀費用の捻出も
凍結された口座からは不可能です。

口座の凍結に対象外、例外事項はありません。

葬儀費用については、故人の社会的地位や
交際範囲等の違いから 一概には決められませんが、
会社員で役職者の場合などでしたら
概ね150~200万円前後の費用は見るべきです。

凍結を解除しようにも
その為には相続人全員の合意による
遺産分割協議書の作成が必須です。
それまで葬儀を出さないという訳にもいきませんね。

となれば、
配偶者名義の口座や子供たち名義の預貯金を
取り崩して対応するしかないのです。

この費用を、例えば先に挙げた新米社会人や
未だ大学生の子供達に払えますか?
20代の社会人の収入では蓄えも期待出来ないでしょう。

 

 かなりドライになってきた現代でも
事前に葬儀の形式を伝えられていた場合や
エンディングノートに記載してあれば別ですが
親の葬儀を出すに当たっては
それなりの「カタチ」を意識するでしょう。

 こういう場合に生命保険が活用出来るのです。

先の遺産分割協議書の作成による口座の凍結解除よりも
早い時間で現金が手に入ります。

個々の財産によって、どの程度の保険が適当なのかは
多岐にわたるのでここでは省略します。

相続財産の軽減と
葬儀費用等の早期確保についての具体的な事例については
取引のある生命保険各社の担当者へお尋ね下さい。

さて、さらに付け加えておきますと
保険と言うものは加入年齢によって保険料は異なりますね。
年齢が高くなれば月々の保険料は高い設定になります。

現在70代の親世代が今から加入すると幾らになるか?
死亡保険金の額にも拠りますが、
一時払いの保険料ともなると百万単位の保険料になります。

子供の為とはいえ、自分たちの生活費を犠牲にしてまで
加入する事になるのでしたら、あまりお勧めはしません。

反対に
若いうちに保険に加入しておけば月々の保険料も割安です。
50代の貴方の世代なら比較的リーズナブルな保険料で
それなりの死亡保険金が支払われます。

また、保険の入り方によって税金も変わってきます。

一般的なケースでは
父が被保険者で、かつ保険料を支払って
受取人が子供の場合は、「相続税」の対象となります。

ですが、
父が被保険者で、保険料を子が支払い、
受取人がこの場合は、「所得税と住民税」の対象です。

比較すれば後者の方が節税になりますが、何と言っても子に
保険料を払えるだけの資力はない・・・のが大半ですね。

ですから、
年間110万円の贈与税の基礎控除の枠内で
親から子に「保険料を贈与」するのです。

こうしておけば子の生活費を脅かすことなく
保険を契約出来、さらに相続税でない課税になります。
(簡単に言いますと保険金は一時所得扱いになり
次の算式で課税されます。)

(保険金額ー払込保険料ー特別控除50万円)× 1/2
この金額を他の所得と合算して総合課税されます。

この計算式についての詳細も
取引生命保険会社の担当者にお聞き下さい。

この方式であれば、
子の生活費に影響を及ばさないだけでなく
親の立場からも、想いを込めた資金を
放蕩息子(娘?)に無駄使いされる心配もありません。

双方にとって、得になる方法と言えるでしょう。

 

 50才からの第二の人生を考える事とは
転職でも起業でも独立でも、周到な準備の下
事業計画を立てる事だけでは満点にはなりません。

50才になれば、銃後の守りを固める意味合いからも
今発生する相続への対応の認識も必須になってきます。

50才の想定外を想定しておく事。

今日は一つの具体例として、生命保険の活用について
紹介させて頂きました。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)