お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

今回のタイトル、妙なものですね。
その意味をこれから紹介していきます。

 

 今月に入り2件連続してお寺関係の業務で
関西と東京を奔走してきました。

場所柄、私の親世代、80代前後の方々に
接する機会が多く、いろいろな悩みや
相談事を持ちかけられました。

その中で、同い年前後なのに
外見というか、その人の醸し出す
雰囲気に大きな差がある事に気付いたのです。

老いてますます盛ん、
歳より若い風貌という方に
共通するイメージは
なぜか、「か行」が多いのです。

料理の秘訣の語呂合わせで「さしすせそ」がありますね。
砂糖、塩、酢、せうゆ(醤油)、(み)そ(味噌)です。

 

これを真似て、まとめてみました。

か 感動する
・・・例えば毎年訪れる春の桜や秋の紅葉に毎回新鮮な感動を覚える。

き 興味を持つ
・・・いくつになっても疑問や好奇心を発揮する、持ち続ける。

く 工夫する
・・・今までと同じで満足しない、もっと楽に、効率的にと考える。

け 健康
・・・ある意味、大前提の要件です。日頃の管理の賜物でしょう。

こ 行動する
・・・興味を頭の中だけで留めない、場所に出向いたり、実践する。

行動の部類には異性への恋が最初に思い浮かびます。
異性に関心を持てば身だしなみに身を配り、
相手の興味を引くような話題を収集という行動を起こしますから。

でも 別に異性だけが対象ではないと思います。
芸術や音楽にも人は恋します。
夢中になれるものへのアクションだと思います。

これらは男女別なく共通して感じた特色でした。

 

キリスト教では
子供は何を見ても聞いても
感動するし、あらゆるものに興味を持つ。

それが
歳を重ねていくにつれて、感動は薄れ
興味を持つ対象を失くしていき
感動も興味も持てなくなった時に
死が訪れると言います。

80歳を超えてインターネットを始めた方
易々とスマホを使いこなす方
今春からドラムを始めたという方など等、
まさに、かきくけこ の実践者達でした。

 

 この逆のタイプの方にも、お目にかかっています。
決して少なくない数ですが。
このタイプは、またまた語呂合わせになりますが
「あ」行に関連していました。

 

あ  あきらめる
・・・ もう歳だから、もう12月だからなど等

い  依存、依頼する
・・・ 一人では心もとない、そちらにお願いしたい

う  羨む
・・・ あの人は何々だから、実家が何々だから

え  遠慮する
・・・ お先にどうぞ、年甲斐もないし

お  押しに弱い
・・・ なんか言い出せなくて、相手に悪いと思って

「お」のタイプは連続して詐欺被害に遭うタイプとも一致です。

そして、「あ」行が多い方ほど生気なく
話題にも乏しいタイプが大半を占めていました。
こういう生活を長く続けていると、認知症発症の確率も
高くなるという話も聞きました。

もっとシンプルに比較すれば、
「か」行に「しない」をつけたら
このタイプになります。

感動 しない
興味 持たない
工夫 しない
健康 気にしない
行動 しない

 

ある方は「もう今さら何かを始めるなんて・・・
悠々自適で生きていきますよ。」と言われました。

ですが私から見れば「隠遁・隠棲」と
意味を取り違えているとしか思えません。

悠々自適には思いのままに過ごすという意味があります。
やりたい事や行きたい場所があってこその過ごし方では
ないでしょうか?

社会との繋がりを積極的に求めていくこと、
社会の一員としての悠々自適を目指したいですね。

ですから今後の高齢者向けのセミナーでは
「かきくけこ」を意識する事の意味
これについて強くPRしていこうと思います。

 

 

今日のテーマについて
又はそれ以外のお問い合わせは、
コチラからお願い致します。

また、 電話等での
お問い合わせも 受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)