お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です

これまで人が人に繋がる縁には

親族間の繋がりである 血縁
多くのサラリーマンに当てはまる勤務先での 社縁
住まいの近隣との繋がりである 地縁

この3つが並立していて 普通でした。

しかしながら現実では
会社業務の多忙さについ、地縁が疎かに。
少子化、転勤族の増加などから
血縁も昔ほど強固ではなくなりつつあります。

そうなると
我々の世代の拠るべき繋がりは
社縁に限られていることになります。

所属部署の上司、同僚、
関連部署の知己
取引先の担当者等、

確かに
仕事一筋の生活を続けていれば
ある意味配偶者や両親、子供と過ごす時間を
はるかに 凌ぐ時間、会社で費やしている訳です。

そういう人ほど
退職した後に 無縁社会に一直線となるようです。

社縁が切れたら、あとは血縁と地縁だけです。

例外は
社外のサークル等趣味を同じくする集まりを持つ場合です。
ですが、私の知っている範囲では、極めて少数派でした。

社内のサークル等の繋がりも
あるにはありますが、
いったん退社すると
なかなか今まで通りにはいかないようでした。

血縁にしても
昨今の少子化傾向等で
どんどん親族自体が減少しています。

さらに、非婚者=おひとり様の増加により
ますます親族関係は縮小傾向にあります。

では、地縁の方はどうでしょう?
えてして今の50~60代の方は
隣近所に対しても挨拶すらしない
自治会や町内会の行事参加は 奥さん任せか、無視

平日は朝出て夜帰宅、
休日は社用の付き合いかごろ寝では
繋がりがあるほうがおかしいでしょう。

前回、前々回は中高年からの人生で
再就職、転職の厳しさを述べてきました。

頼る先は元の会社か、取引先しか思いつかない。
プライドやキャリアに拘り、他人に相談もしづらい。
平日昼間に近隣住民と顔を合わせたくない。
といっても、出かける先の当てなどない。

社縁の途絶が、
即社会との繋がりの途絶に 直結することが、最大の問題点なのです。

手遅れかもしれません。
これからも今までと同じような生活を続けていくのなら。

明日から出来る事
家族の協力を仰ぐ事

そして
60代以降のプランを真剣に考える事
⇒これ即ち再就職に全力をかけるのか、
独立自営に挑むのか?進路を決定する事です。

童話の「アリとキリギリス」を自分に当てはめて下さい。

やがて来る厳冬を知りながら、
今を満足するだけの生活に甘んじるか
必ずやって来るその日の為の準備を怠らない生活を始めるか。

結末は ご存じのとおりです。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)