お元気ですか?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

プロ写真

 

今日のQ&Aは
ズバリ! 贈与契約書、についてです。

 

 これまでも何度か確実な贈与にするならば
贈与者と受贈者の間で契約書を取り交わす事。
と書いてきました。

 ですが、具体的にはどう書けば?
という問い合わせが多いので、
不肖、私の過去の贈与契約書を披露させて頂きます。

 いろいろ差し障りがあるので
かなり伏字にしてありますが、イメージは
十分伝わると思います。

贈与契約見本

百聞は一見に如かず

何を贈与するのか? ・・・東芝の株券何株
誰が誰に贈与するのか?・・・ 両者氏名
贈与の日付
契約書締結の日付
贈与者の署名・捺印
受贈者の署名・捺印(撮影ミスで写っていません)

これで完成です。
ちなみに「署名」は自筆の意味です。
「記名」である場合は「ハンコ」で氏名を
記してもOKになります。

 

 さらに、私の場合は取引証券会社の規定で
贈与者は下記の「念書」を提出しました。

 これが、各社共通の規定なのかどうかは
不明ですので参考例に留めておいて下さい。

贈与に伴う念書

 

 今回は、有価証券の場合の贈与契約書です。
この他の財産の贈与に関する契約書について
詳しくお聞きになりたい場合はお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)