お元気ですか!
50歳からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

プロ写真

 

 まずは貴方に質問です。
覚えてなくとも、記録として留めているのでしたら
それで構いません。

1)両親の誕生日はご存知ですか?

2)家の(親の)宗派はご存知ですか?

3)菩提寺はありますか?

あるなら、どこにあるかご存知ですか?
行ったことはありますか?
ご住職と面識はありますか?

4)親の本籍地を聞いていますか?

5)親の人間関係(会社、学校、近所等)を聞いてますか?

6)親の名義の銀行口座がいくつあるか?
        親名義の保険がいくつあるのか?  
  親の年金、投資先、持ち株をご存知ですか?

 

 以上です、貴方はいくつ答えられましたか?

なぜ、この項目が大切なのか、順不同で解説します。

 

 まず5)の人間関係は何度も書いてきましたが、
親の死亡を誰に伝えるかが分かっていませんと、
連絡の仕様がありませんね。

 後日、故人の旧友や元部下あたりから
なぜ連絡をくれなかったと
叱責されることは少なくないようです。
貴方の評判は、当然ガタ落ちです。

 さらに葬儀の基本は、参列者の人数です。
それによって会場の大きさ、
料理の手配、会場整理の人数など
次々に決められていきます。
人数が把握できないと、葬儀の準備は一歩も進みません。

 3)については、
本当に葬儀社から聞いた話ですが
遺族の方に「お付き合いのあるお寺はございますか?」
と問いかけたところ
「確か、菩提寺という寺ですが、場所ご存知ですか?」
と言われたとのこと。

まだ30代の社会人だったそうですが、論外ですね。

 

 2)にしても、宗派による葬儀の相違点に注意が必要です。

 1)と4)は市区町村役場へ
「死亡届け」を提出時に 記入項目となっています。
当然のことですが、死んだ人には聞けません。

 6)に関しては
遺産相続の問題にもかかわりますし
葬儀費用の捻出にも関係してきます。

 よく本人名義の口座は即凍結されて
明日の生活費にも苦労した と聞きますが、
裏を返せば銀行も死亡を知らなければ凍結は出来ません。

 なぜ、即凍結、となるのか?
悪い意味でなく正直な遺族の方は
「本人が亡くなりました、替わって引き出したい。」
と、銀行に申し出ているからです。

 これらの項目は 親に限りません。
特に奥さまは 旦那さんから
最低この項目は聞き出しておきましょう。

 一般的に
夫の葬儀の場合は妻が喪主になる場合が多く
より責任のある立場となるからです。

 補足ですが、戒名、お布施について簡単に触れておきます。
この2つは、仏式の葬儀には避けて通れない「出費」です。

 戒名は基本的にお寺に墓を持っている場合はまず必要です。
ただ、無宗派のお寺や公営の墓地等では不要の場合もあります。

さて 具体的に、金額はどうなっているでしょう?

 戒名の頂上である「大居士、院大姉」で約70万円
「居士、大姉」で約50万円
「信士、信女」で30万円前後です。

 個人的には、これは故人の為というよりは
貴方の気持ち(世間体)の問題と考えます。
私は、自分のエンディングノートに
戒名不要と明記しました。

 さらに不透明なのが「お布施」ですね。
原則は、自分が出せる範囲で手渡せばいいのですが
どうしても世間相場を気にする場合が多いです。

一説では年収の10%が、目安とありました。

 

 仮に、親が高い社会的地位にあった場合等
戒名で70万円、自分の年収が800万円だとすると
お布施で80万円、計150万円が必要な訳です。
さらにそれなりの規模の葬儀を執り行うとなりますと・・・

 手続きの問題以上に、現実的なおカネの問題は
よけい、事前の備えが重要ではないでしょうか?

今回は
葬儀の際に最低限必要な項目について
解説しました。

 

これ以外でお墓について不明な点や
疑問点についてのお問い合わせの場合は、
コチラからお願い致します。

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)