お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です

 

前々回の記事では50歳からの生き方を述べましたが
次に、60歳になったら どういう行動が必要かについて
簡単に述べてみたいと思います。

以前、日経新聞の朝刊に以下の記事が出ていました。

60歳以上の方へのインタビューで
あなたが60歳までにやっておけばよかったと思う事
はどんな事でした?という問いかけに対して、

・もっと貯金しておけばよかった

⇒たぶん、どの年代でも出てきそうですが…

・年金生活が出来るよう生活費を見直しておけばよかった

⇒こうも年金が減額になるとは・・・
自分たちの親の様な(優雅な)年金生活は、もはや望めない。

・個人年金に加入しておくべきだった

⇒支給開始年齢がここまで上がってくるとは・・・
現時点で65歳から。自分の代では何時からになるやら?

・老後の余暇活動用の資金を準備しておけばよかった

⇒悠々自適に暮らすにはそれなりの余剰資金が必要でした…

・退職後も働けるような「資格」を取得しておけばよかった

⇒若いうちは会社人生こそ全て、でしたから…
さらには資格を取れば働ける、訳でもないのですが…

・仕事以外の特技を持っておけばよかった

⇒仕事一筋、仕事が生きがいという方は耳が痛い?!
でも職務を遂行出来る事は、既に特技では?

・地域との交流の場に参加しておけばよかった

⇒自宅は寝るだけ、おまけに転勤族ならなおさら難しい?
これも上記と同じで仕事外の世界を持たなかった故です。

・子供とのコミュニケーションをもっと取っておくべきだった

⇒仕事は家族のため、親の背を見て子は育つと信じていました?

 今現在40代以上60歳未満の方、
すぐ、同じ問いかけを受ける時が来ますよ。
今の時点で、あなたはどういう回答が出来ますか?

次に、逆の面からの問いかけです。

 

 60歳までに、しておいてよかった事
は何でしたか?

・持ち家を確保、ローンも完済した

・個人年金に加入した

・年金生活用に生活の見直しを図れた

・夫婦関係を大切にしておいた

・共通の趣味を持つ友人を得た

あえてコメントはしません。
皆さんが自己判断して下さい。

次に、現在50代以下の方が思う
60歳までにしておきたいこと
については、どうでしょう?

・貯金

・持家獲得、退職までにローン完済

 

しておきたい事と、しておいてよかった事
どうでしょう?見事にマッチしてます。

まさに、備えあれば憂いなし

大別すれば、

財政面の安心(生活の安定)

社外の人脈構築(余暇、再就職両面での)

に尽きるのではないでしょうか?

いずれそのうち…
まだ自分には程遠い…

いいえ、違います!

今や、40歳から考える定年退職後の人生

これがギリギリセーフのタイムリミット
と言っていいのが現状なのです。

 

古人曰く
「備えあれば、憂いなし」

では、今日は このへんで。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)