お元気ですか?
50歳からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

2枚目

 

 サラリーマンの夫を持つ妻が
夫の定年退職を機に離婚を切り出す。
その場合は 夫の年金の半分が手に入るので、
新しい生活の糧として一人でも暮らしていける?

 2007年にスタートした「年金分割制度」に関して
このような記事が一時、雑誌等で採りあげられました。
これについての問合せも後を絶ちません。
特に、女性からの問い合わせが多いのは気になるところです・・・

 今回は、この年金分割制度について
お答えしようと思います。

 

 まず、年金の仕組みについてですが
ごく簡単にまとめますと
まずは基礎年金があり、そこに厚生年金が 加わります。
今回のケースでは夫がサラリーマンですから
さらに企業年金が上乗せされています。

 3階建ての年金制度ですから半分としても
十分期待してしまいますね。
ですが、「年金分割制度」で分割の対象になるのは
「夫婦であった期間の厚生年金部分」
だけ という事、御存知でしたか?

  つまり、基礎年金、結婚前の厚生年金、企業年金部分
この分割の対象ではありません。

 大雑把な推測ですが
60歳で定年退職して離婚した場合でも
分割した年金の月額は3万円程度というレベルです。

とても生活の保障とまではいきません。

年金分割の恩恵で熟年離婚を考えていた貴女。
~まだ「計画」を実行されていない場合は
もう一度、考えてみて下さい(笑)

年金半分を取られると戦々恐々としていた貴方。
~ひとまず、安心できたでしょうか?

 

 最近は、これに限らず税制改正や非課税の小規模投資等
新しい制度の記事が新聞雑誌の一面を飾りますが
まだ、確定していないものもあたかも確定したような
書き方や、事実の一部だけを大きく採り上げるなど
関心を高めるような書き方の記事が含まれています。

 ですから、一つの記事の内容に
いたずらに右往左往するのではなく、
気になる項目については記事を鵜呑みにするのではなく
自分自身で 徹底的に調べる癖をつけておきましょう。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)