お元気ですか!
50歳からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

プロ写真

 

 

 最近は「65歳定年制」という
話題が頻繁に目につくようになってきましたね。

 その背景には年金支給開始の遅れから
無収入の期間を圧縮したいという国の狙いがあります。

 加えて企業側としても、少子化と高齢化の続く中
企業活動を維持発展させるにはシニア以上の世代を
より活性化した働き手にしていかないといけないという
ある種の危機感を持ったことも一因でしょう。

 ですが、従業員側から見れば
60歳で給料が激減し、肩書も外れた中、
ただ単に5年長く会社に残るだけでは
モチベーションを維持し難いでしょう。

 そのような中、日経の記事によりますと
60歳以降の賃金制度を変更する企業が何社か 出てきました。

【YKKグループ】
今年4月から定年を61才へ引き上げ
2025年までに65歳定年制へ。
さらに定年まで給与水準を維持。

【サントリーホールディングス】
60歳以降の賃金を従来より引き上げへ。

【NTTグループ】
今年10月から再雇用者の賃金を
従来より年間100~200万円引き上げへ

【ヤマト運輸】
賃金カーブを見直し 60~65歳の賃金を60才到達前と同水準に。
現行では60歳を境に年収が4割前後減少することの是正。
40代~50代の基本給水準を抑制し
家族手当を減らすことで総人件費は増やさない方向。

 

  今をときめく優良企業ばかりですが
持続する労働者人口減少の中、
高齢者の活用は企業側にとっても
重要課題として取り組み始めた兆しではないでしょうか?

 先週は6年後にはIT化の流れによってなくなる仕事
というショッキングな記事を書きましたが
今回のような高齢者に配慮のある会社の存在は、
我々シニア世代にとっても心強いことですね。

 この傾向が続いていけば、シニア世代の活躍の場は
再び用意されるという事になる訳です。

 第二の人生を考えるに当たって
また検討に値する選択肢が増える事にもなりますね。
残るべきか、飛び出すべきか?

どんどん考えて、悩んでみて下さい。
選択肢のある人生を楽しむという考えでいきましょう!

ところで・・・

貴方が今、勤めている会社の将来に向けての姿勢はどうなっていますか?

 

この件について
より詳しく知りたのでしたら お気軽にどうぞ!

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)