お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 先日の日経朝刊に気になる記事が出ていました。
2015年からの税制改正に伴う相続税の課税対象者は
首都圏の場合、倍増必至と言う内容でした。

 2015年の1月から相続税の基礎控除額が現行の6掛けに
引き下げられるからです。

 現在国税庁のHPでは今年の1月1日現在の
路線価(相続税算定基準となる不動産の価格)
を公開しています。

 都内の路線価は平均して0,3%のマイナスですが、
前年のマイナス幅1,2%に比べ下落率は大幅に縮小しています。

 路線価と言うと、銀座中央通りの鳩居堂前が日本一の価格で
有名ですが、さすがにほぼ上げ止まり気味です。

 注意すべきなのは、
再開発などで周辺の整備が進んだエリアです。

スカイツリー周辺の
浅草雷門通りでは9,0%の上昇、

昨年4月に東京電機大のキャンパスが開設された
足立区北千住駅前広場通りでは4,6%

目黒区の自由が丘駅前広場通りも
広場の整備の影響で1,5%の上昇となっています。

このような傾向を受けて
不動産関係の会社では地価は反転上昇に転ずる
と推定しているようです。

 貴方の住まいの近辺で
このような再開発や整備が終了している場合、
自宅周囲の路線価を調べておくことが大切です。

 地価が上がり、相続税の対象は拡大する事になれば
想定以上の相続税が課税される訳です。
地価が安定している地域であっても
課税基準の引き下げでこれまで無縁だった相続税発生の
可能性が拡大してくるのです。

 これまでも課税対象の地域だった場合は
今回の改正で大幅な増税になる場合もあります。
麻布や広尾などの超一等地の場合では
広さにもよりますが億近い課税になる場合があるそうです!

 税理士法人の試算ですが
一定の広さの土地建物と金融資産を 有すると
して、地域別の状況が出ていました。

【既に相続税の対象地域で増税になりそうな地域】
蒲田、大森、中目黒、田園調布、二子玉川、成城学園前
吉祥寺、北千住、綾瀬、赤塚、石神井公園、祖師谷大蔵等

改正後に課税対象地域になりそうな地域】
国分寺、町田、大泉学園、竹ノ塚、新小岩
埼玉では川口、大宮、所沢等
神奈川では溝の口、青葉台、中央林間、戸塚、大船、逗子等
千葉では新浦安、市川、柏、我孫子、津田沼、千葉等

となっています。
身近な街の名前が多くないですか?

 

 ここに挙がった街以外にお住まいの方も
一度、じっくり「我が家の価値と、新たな相続税との兼ね合い」
を確認する事をお奨めします。

 新しい情報を常に意識して収集し、
前提条件として改訂をくわえて
自身の生活設計を見直し、修正を図る事。
これも、先憂後楽の一環です。

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)