お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です

 

今回は、数ある相続の問題の中から
遺言も、後見も考えないまま年を重ねた
老親から 老子?への相続に至った場合の
老々トラブルを紹介します。

平均寿命の延びと共に
親の世代80~90代
子の世代60~70代
での相続が 増加傾向にあります。

私の世代のもうひとつ上に世代になるでしょうか。

親の問題として、
・認知症や入院治療等で相続財産を把握できなくなる。
~預貯金先金融機関名と預貯金額
~不動産登記の名義
~実印・預金証書等の保管場所
この年齢でも自己管理に執着する。

子の問題としては、
・親と同様に心身の障害が発症し始めている。
・兄弟姉妹の中に意思表明に問題ある状態の者が出始める。
・親の心身の衰えを機に兄弟間の内紛が勃発する。
この世代になってもカネ・財産への執着が強い。  

身内の争いは一度、勃発しますと
概ね10年の係争を覚悟する事になります。

特にどちらかに認知症発症者がいますと疑心暗鬼や
被害妄想によってまとまるものもまとまらなくなります。

兄弟姉妹間の事例では
七五三の時の晴れ着の値段の差を言い出して
その分を加算してと言い張る「70代」の女性がいました。

親のケースでは認知症のため実印、登記簿の保管場所を
完全に忘れ、発見出来ないままに亡くなってしまい
今も子供達に不動産の相続が出来ないままという例。

親が80代
あなたが60代で、 コトが始まったら・・・
最短でも70過ぎまで兄弟姉妹間で
訴訟合戦を 繰り広げる覚悟が必要です。

この悲劇を未然に防ぐには

〇遺言書を用意してもらう。

なにはなくても、まずはこれです。

いくつになっても、親に面と向かって
言い出すのは気が引ける・・・
こういう時に限って配偶者のほうが
圧力をかけてくる・・・

自分に置き換えても、気分的には
やはりひっかかりはあるでしょうね。

でしたら

「やってみせ、言って聞かせて、 させてみて、
褒めてやらねば 人は動かじ」です

自分達から
財産目録なり遺言書を作成し
親に渡しましょう。

逆順なんてよくある事です。
万一の準備とでも話して親に手渡すのです。

さすがに、
作ってくれの一点張りでは
まだ早いとか、親不孝者等と
頑固に拒否するような親でも

先に子供から出されれば、親も準備を始めます。

実際作成してみると、
最低でも1週間はかかります。
その旨も同時に伝えてあげて下さい。
真剣に集中しませんと、意外に進みません。

〇後見人制度を親子間、兄弟間で検討する。

くどいようですが、親と別居している場合や
兄弟のうち一人だけが同居の場合等、
健全なうちから火種がくすぶるケースは
当たり前のように耳にします。

親と離れて暮らしているならば
親の近況等を後見人を介して確認も
出来ます。
相続の前に大切なことですよね?

実際にはもっと凄惨なトラブルや
相続が争族と化し、兄弟間絶縁等の
事例がありますが、ここでは省略します。

思い当たる家族構成の方々、
一度、じっくりと考えてみて下さいね。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)