お元気ですか!
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

東京もいよいよ梅雨入り、
いきなり怪しい雲行きですが
いかがお過ごしでしょうか?

何故か、私の事務所へのお問い合わせは
圧倒的に電話が多く、なかなかメールフォーマットを
利用した質問等が増えません・・・

まだ信頼感が低いのだと、自分に言い聞かせて
対応させてもらっています。

そんな中、最近複数の方からの
お問い合わせがあった事項について
何回かに分けて紹介させて頂きます。

 

今回は「相続税」に関する質問の中から
計算方法についての解説です。

 

「相続税の計算方法」

個人個人の財産や家族構成によって
千差万別ではありますが、
一つの事例として、説明させて頂きますと、
以下のような順番で計算します。

なお、2年後の税制改正を見据えまして
控除額や税率は改正後のベースで計算してます

 

【相続財産の算出】

  • 現預金・株・不動産等   (いわゆる本来の相続財産)
  • 保険金・退職金       (みなし相続財産)
  • 死亡前3年以内の贈与等
    これらを加算します。

そこから

  •  借金・葬儀費用   
    を差し引きます。

 

【課税対象額の算出】

相続財産から 「基礎控除額」を控除します。
基礎控除額は(3,000万円+法定相続人1人につき600万円)
で、算出します。

 

【相続税の総額を算出】

課税対象額を法定相続分で取得したとして
仮の税額を算定します。

例えば、配偶者・子供2人の場合では
課税対象財産は
総額の1/2・・・配偶者
総額の1/4・・・子供①
総額の1/4・・・子供②

ここから相続税の総額を算出します。

法定相続分に基づいて相続財産の額に応じた税額を算出します。
(取得金額×金額別の税率ー金額別の控除額)

参考資料)平成25年度税制改正大綱 相続税

 

【各人の税額を計算】

ここで初めて、個人別の税額の算出となります。

一般的な場合、
配偶者は非課税の範囲内の相続がほとんどなので
課税は無しとなります。

子供2人には上記の算定通りで税額が確定となります。

 

実際に数字を当て込んでみてみますと
より分かり易いでしょう。

 

事例) 相続財産が1億円の場合。

この財産額は上記に基づいた計算後の正確な金額とします。

課税対象額は
1億円 ー (3,000万円+600万円×3) で、5,200万円になります。

5,200万円×1/2=2,600万円・・・これが配偶者の相続額です。
5,200万円×1/4=1,300万円・・・子供①の相続額
5,200万円×1/4=1,300万円・・・子供②の相続額となります。

2,600万円の相続場合は添付した参考資料から
税率は15%
控除額は50万円ですから
税額は340万円になります。

1,300万円の場合も
税率は15%
控除額は50万円なので
各々税額は145万円です。

340万+145万円+145万円=630万円。
これが、3人にかかる相続税の総額です。

但し、 配偶者の相続財産額は非課税の範囲内なので
340万円は全て控除となります。

子供2人の課税はそのまま対象になるので
最終的にこの家族が納付する相続税額は
子供2人で290万円となるのです。

 

これらの件について
より詳しく知りたのでしたら
お気軽にどうぞ!

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)