お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です

 

法定後見人制度の中で やや説明足らずの
箇所があると思いましたので、今回は
補足、追加解説させて頂きます。

まずは、「申し立て」は
四親等以内の親族とあります。

民法第七二五条で
親族とは
六親等以内の血族
配偶者
三親等以内の姻族をいう」とされてます。

親族、血族、姻族
この違い、正しく分類しますと

血族は
第一にいわゆる直系卑属、尊属が挙げられます。
加えて
血の繋がりのある兄弟姉妹、甥姪、伯父伯母、
いとこ等です。

姻族は
結婚による繋がりを持った範囲です。

配偶者の父母、祖父母、配偶者の兄弟姉妹、
伯父伯母、甥姪、
あとは子供の配偶者(義理の息子娘等)
孫の配偶者等も ここに該当します。

四親等の親族といいますと、
まず、自分の直系の血族でみると、
祖父母の祖父母まで(ひいひい爺さん婆さんです!)
孫の孫まで(玄孫、やしゃごですね)

血の繋がった範囲では
伯父伯母
兄弟姉妹
甥姪
甥姪の子供 までが範囲となります。

姻族で見ますと
配偶者の父母、祖父母、曾祖父母
配偶者の子(前夫との間の子)その孫等
配偶者の兄弟姉妹、甥姪
配偶者の伯父伯母辺りまでが含まれます。

けっこう幅広い範囲ではないですか?
皆さんは該当する親族
すべて把握できていますか?

次に、後見の申し立ての場合に

自分達で四親等内の親族から候補者を 挙げる場合には
推定相続人の同意書」が必要となります。

文例としては 以下のようになります。

「申立人○▽の申し立てによる
本人××に対しての後見等開始につき、
本人××に後見が開始され、
後見人等に○▽が就任する事に同意します。」

推定相続人の住所が不明な場合は
付票まで取得して
住民登録しているところに 同意書を郵送し
必要があれば 訪問、趣旨の説明までを行います。

この場合、
推定相続人の同意が得られなかったら?

その旨を家裁に報告すれば構いません。
この後は家裁が連絡をとり手続きが進められます。
どういう手続きがされるのかは不明です。

この推定相続人とは、
民法でいうところの法定相続人です。

おさらいで言いますと
1)配偶者(内縁関係や愛人には権利がありません)

2)子供(実子、養子、
内縁の妻、愛人の子供、胎児も含まれます)
及び孫、ひ孫
※相続税法上では、
養子は被相続人に子供がいる場合
法定相続人としては1名だけが認められ、
子供がいない場合には2名までが認められます。

~2)の該当者は「直系卑属」と言います。

3)父母、あるいは祖父母
2)の直系卑属がいない場合のみ、
相続人の権利が発生。
父母もいない場合は祖父母がなります。

~3)の該当者は「直系尊属」と言います。

4)兄弟姉妹あるいはその子供(甥、姪)
~上記直系卑属、尊属の誰もいない場合に
相続権が発生します。

常に相続権があるのは
配偶者と 直系卑属

上記がいない場合は
直系尊属

これもいない場合に
兄弟姉妹やその子供(甥、姪)となります。

念のため、
申立人は4親等以内の親族が対象です。
が、同意を要する範囲は法定相続人です。
イコールではありませんから、ご注意ください。

さて、この同意書についてですが
これは冒頭で必要とされる提出書類と 書きました。
が、提出しなくても、申し立てが却下には
ならないようです。

法定後見人の選任は、
出来れば家裁に任せてもらいたいという
遠回しな考えの表れなのでしょうか。

なお、
任意後見の場合は
当然このような案件は必要とされません。

また
契約の事を親族等へ通知、告知する必要もありません。
あくまでも依頼人の意向に拠ります。

では、今回はここまでとさせて頂きます。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)