お元気ですか?
50才からの第二の人生応援ブログ、先憂後楽
寺田 淳です。

 

前回に続き
独立起業についてのお話です。

特に、
私の世代である50代からの起業について
思うところを書いてみました。

50になって起業や独立について考えるきっかけは
・社内でのゴールが明確に見えてきた。
・定年後の収入のあてがない。
・今の仕事はやりたい仕事ではないというギャップの顕在化。
・60才から再就職できる自信がない(資格技能を有していない)。
等が上位に挙がってきていました。

参考までに
60代の方の起業独立を考えるきっかけは
・定年後も社会と繋がっていたい。
・年金や預貯金にあと少しプラスαの収入が欲しい。
・自分の居場所を社会に求めたい。
・仲間が欲しい。
・ずっとやりたい事があった(人生に悔いを残したくない)。
等が挙がってきていました。

大雑把な捉え方ですが
50代の場合はやはり生活面の不安や
収入確保が主体で
60代になりますと
社会的な孤立を避けたい、人間関係を保持したい
という繋がり重視の傾向と見て取れます。

60代での起業では、収入の減少は覚悟の上での
「やりがい」重視といえそうです。

ですが、まだ50代の場合は
そうも言っていられませんね。

やりがい、生きがいを感じる 新しい分野への挑戦よりも
まずは経験を活かせる得意分野での起業を優先すべきなのです。

前回書いた「好きな事・やりたい事」ではなく
「出来る事・お金になる事」を優先するという事です。

こう書きますと当然反論、反発はあると思います。
~第二の人生は自分のやりたい事で生活したい。
~宮仕えを離れてやりがいのある仕事に従事したい。

ですが、
既に50代にして将来に万全な蓄えを成している方ならともかく、
例えば 63才(年金支給開始年齢として)までの
収入空白期の家族の生活費に不安がある方。
年金支給開始後も収入に不安がある方は
やりがい」優先の起業でいいのでしょうか?
「夢見る夢男さん」の生活が許されますか?

私のように士業で独立した場合
3年間は無収入を覚悟せよ
と言われることがあります。

私は開業前に5年間を想定した
マネープランを準備し、完成させてます。

やりたい事をやる為には
周到な準備が絶対条件なのです。

今の自分を棚卸して
活用できるスキルや経験を最大限活用する。
まずはここから考えていきましょう。

【前職を活かす】

同じ職に就くという事、だけではなく
自分がやってきた業務を
他人に解説指導出来るスキルがあれば
コンサル的な業務が浮かんできます。

コンサル業務にも段階がありまして
・ 顧問
・コンサルタント
・アドバイザー
・カウンセラー
等に分類されます。

また派生する業務としては
セミナー開催、講師への道もあります。

新規開拓の営業職を経験していれば
企業の新入社員、中堅社員向けの
飛び込み営業の際のノウハウとか
相手に関心を持たせるための3つの準備とか
自分の培ってきた経験をセミナー形式で
「売る」のです。

※余談ですが、サラリーマン時代には
まさに上記内容で販売代理店向けに勉強会を
実施しまくっていました。
今の業務ではまったく、範疇外ですが・・・

 

【先立つものの見極め】

起業するにあたって
金銭面の実態のおおよその把握も忘れてはいけません。

ねんきん定期便 やねんきんネットで
自分の推定年金受取額を算出します。

これで、何歳から月額でいくらの年金収入が
確保出来るかが判明しますね。

次は、支出の計算です。

起業して初年度はいくら、3年後にいくらなどと
収入を推測してもあまり意味がありません。
大多数の場合、
楽観的な計算で、根拠に乏しい計画になりがちだからです。

逆に支出は退職したからと言って大きくは変動しません。
生活費、食費等はほぼ一定です。
確実性の高い支出額を算定してから
これをクリアするにはいくらの収入が必要かを考えるのです。

無論、支出内容は十分精査して
不要不急なものはどんどんカットする事も重要です。

収入・支出を計算したものの
開業資金がどうしても不足と言う結果になった場合。

助成金と融資を考えましょう。

助成金とは
 起業家、中小企業が利用出来るもので 返済不要の資金です。
国や地方公共団体の定める要件を 満たしていれば支給されます。

融資とは
基本は借金です、いつか返すものです。
ただ起業の場合は優遇措置が有り、
低金利で借りやすい場合があります。

助成金について、若干補足します。
助成金は
1)創業の時
2)人を雇う時
3)雇用の維持
4)販路拡大や会社設立時の各種費用
事務所の賃料、パンフ等作成の広告費用
等を対象に1/2に出来るものです。

但し助成金は「後払い」です。初期費用は自前になります。
また全額ではなく、総費用の1/2~1/3の助成です。
申請が前提ですから、 書類作成や申請手続き等 があります。
申請前に発生した費用は助成対象には出来ません。

政府系では
経産省、国交省、農水省、厚労省、総務省、中小企業庁

東京都では
東京都中小企業振興公社等

独立行政法人では JETRO

この他、
市区町村、民間でも制度があるので
詳しくは当該窓口へお問い合わせ下さい。

 

【起業】

まずは 具体的なターゲットユーザーを
どう見極めるかです。

一つの考え方として
たった一人、極めて具体的なイメージのユーザーを
考えて、この人に来てもらうには
何を狙いとするべきかを考えるやり方があります。

私も開業の際に、ターゲットユーザーを
自分として、想定しました。

・50代 独身者。
・東京在住 。
・高齢の親の将来の心配を抱えている
・自分自身の老後の心配
・定年まで、定年後の人生設計が出来ていない
・早期退職を考えている
・ 資格起業を考えている

こういう人が興味を持つこと、関心ある情報は何か?

行政書士の業務範囲は広範にわたっている中で
相続や遺言、エンディングノートを業務主体として
取り組むことにしたのは、まさに同世代の共通する不安を
自分自身に見出したからです。

さらに最近では、業務範囲ではありませんが
転職や再就職時のアドバイスや実体験を踏まえた
セミナー開講なども始めています。

こちらはまさに、自分だけのノウハウ、実体験という
差別化可能な「売り」だったのです。
起業してみると気付きますが
いろいろな職種で交流会が開催され
中には異業種間の交流会も盛んに行われています。

こういう機会があれば、ぜひ積極的に参加しましょう。
さらには なるべく定期的な交流会に 継続して参加する事をお奨めします。
そうしますと 顔なじみができやすくなり、
自然と人脈拡大や仕事のチャンスの芽が拡がります。

ですが、交流会では次の1点だけ、注意して下さい!

「相手に対して今の自分は何が出来る(提供出来る)か」

です。

私のモットー は 「魅は与によって発し、求によって滅す」 というものです。
意訳すれば
人間の魅力はまずは相手に与えることで輝きを増し、
自分優先に考えればどんどん失われていく でしょうか。

交流会に参加しているといろいろなタイプの方に遭遇します。
「何々をやっています、仕事下さい!」
「こういう資格があります、提携しませんか?」
「貴方の扱っている仕事についてお聞かせ願えませんか」
「同業の先輩としてアドバイスをお願いしたく」など等・・・

会話が長続きして、
会話の輪が広がるのはどういうタイプかは
わざわざ言う必要はありませんね。

 

【在職中にすべき事】 

さて、50代に起業を考える場合、
大半の方はまだ在職中と思います。

在職中にしておくべき事を挙げてみます。

① 起業(退職)前に 今の仕事に関する知識のブラッシュアップ
または、 新たに起業する為の知識のブラッシュアップを図りましょう。

② 起業後に接点を持ちたい人、会社を選別しておきます。
会社を離れても 活きる人脈、活かせない人脈を早めに見極めるのです。

③ 上記で選別した相手には
退職後にも接点が持てるよう積極的なアプローチを図ります。

 

【起業後の課題】

最後に、起業後の課題についてです。

サラリーマンの場合は、
ヒトからの評価、出世、人間関係が
自分の立ち位置の基準になり易く、

起業家 の場合には、
事業の成長、社会への貢献が
基準になり易くなります。

これまで基準としてきた視点も立ち位置も180度異なる。
この点をしっかり認識することが大切です。

典型的な勘違いとして
独立して作成した名刺の肩書に
〇〇株式会社 元役員
元○○社勤務と書く人がいます。

同じように自己紹介の際に
必ず前職の肩書や業績を披見する人も。

全くの無意味どころか、却って人心が離れる事に
気付かないのでしょうか?

また、独立、起業の場合のリスクとして
セルフコントロールの問題があります。

自分の行動は自分でしか管理できないと言う事です。
事務所に 遅刻しようが、
急に平日に休もうがそれは自由です。
身だしなみも強い規制はありません。

ですが、
一度緩めた規範はなかなか元には戻せません。

もうひとつ気を付けることがあります。
それは、ビジネス感覚の保持 と言う事です。

嫌と言えない、断れない性格 。
友人知人としか人脈出来ていない 。
報酬の話を切り出せない お人よし。

これでは、正当な報酬を受け取る事すら難しいでしょう。
会社員でしたら、組織としてのバックアップや肩代わりも
期待出来ます。
でも、起業したのなら、全てを担うのが当たり前です。

私の例で恐縮ですが
知人の中には「昔の誼で、ただで相談に乗ってよ」
「自分の知り合いが困っているんで一肌脱いでほしい。」
というケースがありました。

友人だから無料で?
俺の顔を立てて最優先で働いてくれ?

一度でもこれを緩めるとどうなるか
「あそこはただでやってくれた。」
「俺が紹介すればただで、最優先でやってくれる。」
と言った、ネガティブな口コミが蔓延します。

私は全て「規定通りの対応」を通しました。

幸い、私の友人ですから(?)
賢明にもこちらの説明をすぐに理解してくれ
撤回してくれましたので事なきを得ました。

前述した私のモットー
「魅は与によって発し、求によって滅す」
とは全く意味が違う例であることは言うまでもないでしょう。

 

【再就職と言う選択】

ここまでの話を聞いて、
企業を再考する、再就職の途を選ぶという方も
当然出てくるでしょう。

再就職や転職の場合でも
基本は「出来る仕事」で探すことです。

「やりたい仕事」に固執するという貴方
その仕事が貴方の身に付くまで
どのくらいの時間を要するのか?

それを許容するような会社を
当てもなく探し続けるのか?

さらに、
再就職でも転職でも

必ず定年は訪れるという事です。

再就職先の雇用期間は何年か?
幸いにも定年後2年間、62歳まで再就職が先出来た。

では63歳からの人生は?
「また仕事探しに奔走」する人生になります。
採用条件は、(あったとしても)
60歳当時より厳しい条件は必至ですね。

 

50歳で第二の人生を考える

起業独立にしても
再就職・転職にしても
充分な準備期間を考えれば
まさに、この年齢がタイムリミットなのです!

 

これらの件について
より詳しく知りたのでしたら
お気軽にどうぞ!

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。

また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。

TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

電話は平日10:00~18:00
FAXは24時間対応となっています。

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)