お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ 先憂後楽
寺田  淳です。

 

今回は、相続廃除というテーマです。
穏やかでない文言ですが、
これも遺言に関連する
重要な項目の一つです。

相続廃除とは?
相続権を持つ者に著しい非行事実 がある場合
家裁に「推定相続人廃除調停申し立て」をする事で
推定相続人の持っている「遺留分を含む」相続権を奪う制度です。
(民法892条による)

廃除の対象になるのは
被相続人の兄弟姉妹を除く相続人です。

兄弟姉妹にはもともと遺留分がありませんから、
被相続人が遺言書に兄弟姉妹への相続を記載していなければ
対象にはなり得ないからです。

 

具体的な非行事実としては
1)被相続人を虐待した場合
2)被相続人に対し重大な侮辱を与えた場合
3)その他の著しい非行があった場合
~被相続人の財産の不当処分
~賭博の常習で多額の借金を抱え被相続人に弁済させた
~浪費、遊興、犯罪行為等の繰り返しで親に苦痛を与えた
~概ね、5年以上の懲役、無期または死刑に該当する犯罪を犯した
~配偶者が相続人の場合、重大な不貞行為などで婚姻を継続し難い場合
~夫婦関係の事実が存在しない戸籍上の夫婦(財産目当ての結婚)
~養子が相続人の場合、親子関係の事実が存在しない(財産目当て)
等が、挙げられます。

また民法893条により
遺言で相続廃除を行う事も可能です。

ただ、
親が自分の意に沿わない結婚をした子供を廃除したいからと
申し立てなり、遺言書に記載しても、これは認められません。

 

これに似たものに
相続欠格があります。

より悪質な内容です。

事例としては
1)故意に被相続人、相続人(順位が自分と同格、または上位)を死亡させた
または未遂などで刑に処せられた者
要は、殺人、殺人未遂の罪です。
ただ過失や傷害致死の場合には該当しません。
(民法891条1号による)

2)被相続人の殺害を知ってこれを告発しない、告訴しなかった者
(民法891条2号による)
但し、殺人者の配偶者、直系血族はこの限りではありません。

3)詐欺や強迫により
被相続人が相続に関する遺言を作成、撤回、取り消し、変更する事
を妨げた者。
(民法891条3号による)

4)詐欺や強迫により
被相続人に相続に関する遺言を作成、撤回、取り消し、変更させた者。
(民法891条4号による)

5)相続に関する被相続人の遺言書について
偽造、変造、破棄、隠匿した者
(民法891条5号による)

相続欠格の場合は手続きは不要
上記欠格事由が認められれば、相続権は失われます。

 

遺言関連について
詳しくお知りになりたい場合は
お気軽に連絡下さい。

お問い合わせは、
コチラからお願い致します。
また、
電話等での お問い合わせも
受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

 

記事が参考になった方はクリック投票お願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 士業ブログへ

投稿者プロフィール

寺田淳
寺田淳(行政書士)
東京は新橋駅前で「寺田淳行政書士事務所」を開業しています。
本業では終活に関連する業務(相続、遺言、改葬、後見、空家問題等)を中心とした相談業務に従事し、さらにサラリーマンからの転身という前歴を活かした起業・独立支援に関する支援業務やセミナー講演等を開催して、同世代の第二の人生、第二の仕事のサポートも行っています。

主に以下のSNSで各種情報を随時発信しています。
フェイスブックページ「50歳からの人生設計相談室」
ブログ「新・先憂後楽」
コラム「マイベストプロ東京」
行政書士の寺田淳がマイベストプロ東京で相談受付中
独りで思い悩むより「相談」から始めてみませんか?

まずはお電話で! TEL 03-5157-5027 月~金 10:00~19:00(土日は要事前予約)